●セキュアード、双方向ワンタイムIDと指紋認証USBを融合した製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●セキュアード、双方向ワンタイムIDと指紋認証USBを融合した製品を発売


掲載日:2004/12/24


News

 株式会社セキュアード・コミュニケーションズは、同社のワンタイムID双方向認証技術“SKIP9”に指紋認証USBを組み合わせることで、本人にしか使用できない環境を構築することができる「f-SKIP9」を、発売した。

 「f-SKIP9」は、個人を特定する指紋認証USBの中に“SKIP9”の認証鍵を格納し、指紋認証後に認証鍵を活性化させることで、ワンタイムID双方向認証を実現させる認証システム。ユーザーは、指紋認証USBをPCに差し込み指紋認証することで、Windowsへログインすることができる。指紋データの読み取りや保管、解析、照合といった一連の処理は全てUSB内で行なうため、指紋データがPCやシステム側に流出することはない。ログイン中にUSBを取り外すと、画面がロックされ情報漏洩の防止が可能となる。

 また、アクセス制限したいファイルを容易に暗号化することができ、暗号化方式として“AES”と“Camellia”を選択可能となっている。さらに、ユーザーグループ管理やファイルアクセス権管理といったネットワーク対応機能を備えているほか、サーバー内のファイルへのアクセス権(個人または複数人)の設定が可能となる。なお、スタンドアロン版と、ネットワーク上でワンタイムIDによる双方向認証を行なえるネットワーク対応版の2種類が用意されている。ネットワーク対応版は、スタンドアロン版に機能追加することでアップデートが可能となっている。


出荷日・発売日 2004年12月21日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 AXIOLE 【ネットスプリング】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009070


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ