●ネットフォレスト、LinuxやFreeBSDなどで動作するアンチウイルス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●ネットフォレスト、LinuxやFreeBSDなどで動作するアンチウイルス製品を発売


掲載日:2004/12/24


News

 株式会社ネットフォレストは、露Doctor Web Ltd.と、同社のセキュリティ製品「Dr.Web for Unix」の日本国内における独占販売契約を締結したと、発表した。

 「Dr.Web for Unix」は、インテルアーキテクチャ上で動作するLinux、FreeBSD、OpenBSD、Solaris(x86)などのOS環境用のセキュリティソフトウエア。Doctor Web Ltd.のウイルス検出技術は、ウイルス検体1つから予測され得る全ての亜種に対応可能なパターンを生成するため、少ないパターンで数多くのウイルスに対処することができる。

 ヒューリスティック解析により、パターンファイルが提供されていない未知のウイルスも検出可能となっている。また、パターンファイルの頻繁な提供と短いダウンロード時間を実現しているほか、Samba ver.2/3を利用したSambaファイルサーバーとの連携も可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 生産性と安全性の両立は可能? ユーザー導入クラウドサービスの賢い活用法 【東京エレクトロン デバイス】 必要なアプリを現場主導で作れる、働き方改革を加速する業務アプリ作成ツール 【ネオジャパン】 「ファイル管理が煩雑」 情シスの悩みの種Office 365の課題を補う方法 【Box Japan】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】
ID管理 その他ネットワークセキュリティ関連 開発ツール その他情報システム関連 グループウェア
全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 生産性と安全性の両立は可能? ユーザー導入クラウドサービスの賢い活用法 必要なアプリを現場主導で作れる、働き方改革を加速する業務アプリ作成ツール 個人やチームの業務を支えるOffice 365だが、場合によっては煩雑な管理を要してIT部門を悩ませる。その課題を補い、かつ97%のユーザー定着率を記録した方法とは。 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009065


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ