提携●TGI/アドテックス/ネットマークス、10GbE対応のNASの共同開発で合意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●TGI/アドテックス/ネットマークス、10GbE対応のNASの共同開発で合意


掲載日:2004/12/21


News

 テクノグラフィー株式会社(TGI)、株式会社アドテックス、株式会社ネットマークスは、米StorageComputer社(SCC)の「iCyberNAS」および“CyberVSA”のソフトウエア製品を中核にした新世代NAS製品の協同開発と販売で合意したと、発表した。

 アドテックスはファイバーチャネル(FC-AL2)対応SATAディスク「ArrayMasStorL」を、ネットマークスは米Chelsio社の10ギガビットイーサネット対応のNIC/HBAおよび富士通製レイヤー2スイッチ「XG800」を、TGIはLinuxベースのストレージ統合ソフトウエア「iCyberNAS」シリーズを、各々販売している。アドテックスのハードウエア製造技術、ネットマークスのシステムインテグレ-ション技術、TGIのストレージ管理ソフトウエアのサポート技術を統合することで、エンタープライズ向けの高速NASシステムを低価格で構築可能になる。新製品の開発では、アドテックスが主体となり高速NASを自社ブランドで独自に販売するほか、ネットマークスやTGIの販売代理店を介した間接販売を展開する。

 「iCyberNAS」は、Linuxサーバーの下で異機種のストレージを統合し、最大64TBの仮想ストレージ空間を提供する。10ギガビットイーサネットを標準でサポートしているため、エンタープライズ向けの高速NASとして利用することができる。Linux上の共有ファイルシステムのGFSをサポートするほか、“CyberVSA”の仮想メモリー技術によりディスクアクセスの遅延も解消する。“CyberVSA”は、仮想メモリー上に複数のディスクコントローラを想定するStorageComputer社の特許技術で、メモリー上の仮想コントローラ間でストライピングを実行して性能向上を実現する。

 「ArrayMasStorL」は、1台で最大6TBをサポートし、アレイシステムを最大10台まで増設して大容量を提供する。理論的には無限にコントローラの接続が可能で、「iCyberNAS」の空きスロットに依存する。“CyberVSA”の性能はコントローラの数に応じて線形に向上するため、高速のディスクアレイシステムを実現することができる。また、ネットマークスはChelsio社の10ギガビットイーサネット対応のNIC/HBAを提供している。10ギガビットイーサネット対応のレイヤー2、12ポートスイッチ、「XG800」を使って「iCyberNAS」のリプリケーションを高速化する。10ギガビットイーサネットでシームレスにつながるIP-SAN(iSCSI)を構築し、ネットワークと融合したストレージシステムを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 IDC調査で見るフラッシュアレイ投資効果 選定基準はどうすべきか 【ネットアップ】 フラッシュストレージの活用を阻む「9つの誤解」 【ネットアップ】 ファイルの共有・保全に関わる課題をワンストップで解決 STOREND 【アーク・システムマネジメント】
NAS NAS NAS NAS NAS
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
容量当たり単価で考えない フラッシュストレージを測る真の指標 フラッシュストレージの活用を阻む「9つの誤解」 個人向けのNASは機能的に不十分、しかしハイエンドストレージは高い、使いこなせない……。そんな中、楽に運用でき、柔軟に拡張できる低価格の国産ストレージが登場した。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009034


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ