提携●NTTデータと日本ベリサイン、金融機関向け個人情報保護対応支援で提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●NTTデータと日本ベリサイン、金融機関向け個人情報保護対応支援で提携


掲載日:2004/12/21


News

 株式会社NTTデータと日本ベリサイン株式会社は、金融機関向け個人情報保護対応支援サービス提供に関して提携し、2005年4月の個人情報保護法施行に向けて、金融機関に特化した対応支援サービスを開始した。

 同サービスは、金融機関における基本方針や取扱規程、組織体制などの整備をはじめとして、個人情報保護台帳の作成、各種安全管理措置、従業者および業務委託先の監督などの遵守事項への対応支援を内容とする「コンサルティングサービス」と、情報セキュリティ基盤の導入支援サービスで構成される。「コンサルティングサービス」では、ユーザーのニーズや予算に合わせて、内容の異なる3つのコースが用意されているほか、ユーザーが効率良く対応を進められるよう、金融機関の組織や業務内容などを想定した作業工程表や各種規程、個人情報台帳などが予めテンプレート(雛型)として用意されている。

 「フルサポートコース」では、作業工程表や規程類、個人情報台帳などのテンプレートを用いて、コンサルティングスタッフが中心となり、ユーザーの現状分析やあるべき態勢とのギャップの分析を行ない、対応策が提示される。「ミディアムサポートコース」では、作業工程表や規程類、個人情報台帳などのテンプレートが提供されるほか、全体プロジェクトの管理およびギャップの分析や対応策の取りまとめが支援される。主な作業はユーザーが実施する。「ライトサポートコース」では、作業工程表や規程類、個人情報台帳などのテンプレートおよびプロジェクト管理サービスが提供される。主な作業はユーザーで実施する。

 「情報セキュリティ基盤導入支援サービス」では、個人情報保護法の安全管理措置のうち、情報漏洩防止策などの技術的対策を中心とするさまざまソリューションが提供される。単独提供も可能となっているが、「コンサルティングサービス」を先行導入することで、現状晒されているリスクを把握し、ユーザーのセキュリティポリシーなどを勘案したカスタムメイドのソリューションとして、過不足のない対策案の提示が可能となる。

 提供される主なソリューションは、ログ取得/分析、漏洩防止システムなどの情報漏洩防止に関するソリューション、電子認証やシングルサインオン、バイオ認証など認証に関するソリューション、端末認証やアクセス監視、ウイルス検知/防止などネットワークセキュリティに関するソリューション、ゲート管理システムやセキュリティキャビネットなど入退出管理/現物管理に関するソリューション、eラーニングシステムや教育コンテンツなどセキュリティ教育に関するソリューションとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 ネットワーク分離環境のデータ受け渡し Crossway/データブリッジ 【NTTテクノクロス】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 分離ネットワーク間でデータを安全に受け渡すための機器。
電源OFFなどで、データは自動的に消去されるので、USBメモリなどと違い重要情報の持ち運びリスクを軽減できる。
ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009031


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ