●ハイペリオン、操作性に優れたダッシュボードを提供するBIソフト新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●ハイペリオン、操作性に優れたダッシュボードを提供するBIソフト新版を出荷


掲載日:2004/12/20


News

 ハイペリオン株式会社は、経営ダッシュボードの利用/全社展開/パーソナル化を容易にするビジネスインテリジェンスソフトウエア「Hyperion Performance Suiteバージョン8.3」の日本語版を、出荷した。

 「Hyperion Performance Suiteバージョン8.3」は、ダッシュボードの利用を組織全体で展開するために、さまざま新機能を提供するビジネスインテリジェンスソフトウエア。優れた操作性の“ダッシュボード作成機能”により、経営者向けに詳細な分析ダッシュボードや、現場の社員向けにカスタマイズされたダッシュボード、全社で直感的に活用しやすいダッシュボードなどを自由に作成することが可能となっている。ドラッグ&ドロップ方式による“データ・モデル作成機能”やデータの検索機能、“ダッシュボード作成機能”により、ユーザー毎にパーソナライズされた適切なコンテンツを、ダッシュボード上に直ぐに作成することができる。

 また、「Hyperion Analyzer」や「Hyperion Reports」といった他の同社製品のコンテンツと緊密な統合を実現しているため、企業レポートや特定のエンドユーザーレポートを、さまざまな人々に配布することができる。Webサービスに対応しており、企業ポータルとの統合が容易で、ビジネスインテリジェンスやビジネスパフォーマンスマネジメントデータへのアクセスをカスタマイズすることができる。

 さらに、新しい“ビュー・マネジャー機能”により、管理者はトラッキングパフォーマンスの新しい測定基準などダッシュボードの特定のコンテンツを更新し、ダッシュボードビューをワークグループに送信することが可能となっている。新たな“オーディット機能”により、ユーザーのログイン状況やレポートの使用状況などを把握することもできる。これにより、管理者はシステムのボトルネックとなる箇所を特定し、大規模に展開する場合でも、より快適なシステム運用を実現することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 多様な分析ニーズに対応、セルフサービス型BIで実現する現場主導のデータ活用 【クリックテック・ジャパン株式会社】
BI BI BI BI BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 知識がなくても様々な角度から分析が可能、全社員が活用できるBIとは? 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 “ネットを見るような感覚”でデータを集計&加工 直感操作可能なBIツール 動画で理解するセルフサービスBI:データ関連付け不要で、高速分析・資料作成

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009028


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ