●トレンドマイクロ、「WORM_ZAFI.D」に関する新種/亜種ウイルス情報を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●トレンドマイクロ、「WORM_ZAFI.D」に関する新種/亜種ウイルス情報を発表


掲載日:2004/12/16


News

 トレンドマイクロ株式会社は、ソーシャルエンジニアリングの手法を使用し、メールやP2Pアプリケーションソフトを介してワーム活動を行なうウイルス「WORM_ZAFI.D」に関する新種/亜種ウイルス情報を、発表した。現在のところ日本での感染報告は無いが、ドイツ/フランス/スペインで感染報告が確認されている。

 「WORM_ZAFI.D」は、メールやP2Pアプリケーションソフトを介して自身を頒布するワーム活動を行なう。ウイルス対策製品やファイアウオールなど、セキュリティソフトのプロセスを停止させるため、特定の名称のプロセスを終了する。Windows 98/Me/NT/2000/XP上で動作可能となっている。

 件名は“Re:Merry Chrsitmas!”、本文は“Happy Hollydays!:)Pamela M.”などとなっており、“postcard.index.php1111.pif”といったファイルが添付されている。パターンファイルを最新に更新することや、不審なメールの添付ファイルをクリックしないことで、感染を防ぐことができる。なお同社では、危険度は中とし、パターンファイル2.297.00以降で対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008985


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ