提携●弥生/エフアンドエム/NTTデータ、会計事務所向け事業で業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●弥生/エフアンドエム/NTTデータ、会計事務所向け事業で業務提携


掲載日:2004/12/16


News

 弥生株式会社は、株式会社エフアンドエムが推進する“Tax House”事業で、エフアンドエムならびに株式会社NTTデータと業務提携したと、発表した。今回の提携により、弥生が販売する会計ソフト「弥生会計」、エフアンドエムが提供する経理/記帳業務の工程管理および顧問先管理システム、NTTデータが販売する税務ソフト「達人」シリーズが相互に連携/融合を図る。

 “Tax House”事業は、エフアンドエムが展開するワンストップファイナンシャルショップの統一ブランド名。エフアンドエムの経理/記帳代行サービス、中小企業のコンサルティングマーケティングノウハウを税理士/公認会計士に対して提供し、“Tax House”という統一ブランドの下、店舗展開が支援される。今回の提携により“Tax House”の顧客は、会計/税務処理を専門家である税理士/公認会計士に容易にアウトソーシングできるほか、当該サービスを全国一律の低価格メニューから選択可能になる。

 これにより弥生は、“Tax House”事業の加盟税理士/公認会計士およびその顧客に対し、「弥生会計」の導入を推進することで収益機会の増大を図ることができる。NTTデータは、“Tax House”事業の加盟税理士/公認会計士に対し、同社の税務ソリューション「達人」シリーズを展開するほか、“Tax House”事業で使用する顧客管理ソフトと連携することにより、“Tax House”加盟の会計事務所の税務処理の標準化/効率化を実現し、高品質かつ安価な価格の税務申告サービスを実現する。エフアンドエムは、“Tax House”事業加盟者に、弥生およびNTTデータの会計/税務ソリューションを導入することで、顧客管理から会計、税務申告までのワンストップソリューションの提供が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 iPad用POSレジアプリ 「Ubiregi(ユビレジ)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 kintone 旅費交通費精算 with 乗換案内Biz 【ソフトバンク コマース&サービス】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 iPad発売後すぐにサービス提供を開始。全世界2万店舗以上で利用されているiPad用POSレジアプリ。簡単で使いやすく「何が」「いつ」「誰に」売れたのかを自動で記録できる。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 kintoneと連携して出張申請・精算、交通費精算を行うアプリケーションパッケージ。交通費精算にまつわる面倒を解消する。 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008978


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ