●NextIT、スパイウエア/バックドア監視ツール「CallerIP」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NextIT、スパイウエア/バックドア監視ツール「CallerIP」を発売


掲載日:2004/12/15


News

 ネクスト・イット株式会社は、米ビジュアルウェア社が開発した、インターネットユーザーのコンピュータへの疑わしい接続を発見し、発信元や悪用レポート情報を入手できるセキュリティツール「CallerIP」のダウンロード販売を、開始した。価格は、1ユーザーライセンスで9000円、1ユーザーライセンス年間アップグレード保守料金が3600円となっている。

 「CallerIP」は、ファイアウオールにはできない機能を提供し、ファイアウオールを補完するツールとして利用することができるセキュリティツール。リアルタイムにコンピュータへの接続をモニタリングし、発信元の国籍や動作プロセスを表示することが可能となっている。ユーザーはIPアドレスをクリックするだけで、ISPなどのネットワークプロバイダの場所や、ISPの悪用レポート情報、ドメイン登録情報を表示することができる。

 リアルタイム監視により、即座に疑わしい行動やスパイウエアを特定することができるほか、リスクの高い接続やバックドアがある場合に、インスタントアラートを受信することが可能となる。また、ワールドワイドの“Whois”レポートや、検索オプション付きの接続履歴もが提供される。


出荷日・発売日 2004年12月14日 発売
価格 1ユーザーライセンス:9,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008960


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ