●NTTファシリティーズ、19型ラックに搭載するサーバー機器用冷却装置を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTTファシリティーズ、19型ラックに搭載するサーバー機器用冷却装置を開発


掲載日:2004/12/15


News

 株式会社NTTファシリティーズは、三菱電機株式会社と共同で、工事を伴わず迅速/簡便に19インチラックに搭載できる、サーバー機器向けの新型冷却装置を、開発した。

 今回開発された冷却装置は、ラックマウント方式を採用し、冷却ユニットを目的のサーバー機器の直近に搭載することで、確実に冷却を行なうことが可能となっている。冷却対象となるサーバーと冷却ユニットの位置関係により、冷風吹きだし方向(上向き/下向き)を容易に変更することができる構造になっている。通常のサーバー機器と同様19インチラックに搭載可能で、電源はコンセントからAC100Vを供給するだけとなっている。熱源ユニットから冷却ユニットまでの樹脂配管の接続には、特別な治具や工具は不要で、ワンタッチで脱着が可能となっており、大掛かりな工事は発生しない。

 また、冷却ユニットでの機器近傍空気の冷却時は、ドレン(結露水)を発生させないように温度が管理されている。熱源ユニットから冷却ユニットへ熱を輸送する液体には、3M社のフッ素系不活性液体である「フロリナート」を採用している。「フロリナート」は、人体に無害で絶縁性も高く、漏洩して周囲の機器にかかった場合でも、問題は生じない。短時間で蒸発するため、周囲を汚損することも無い。さらに、温度クリティカルなサーバー(アンビエント空調機の設定温度の決定要因となっているサーバー)の吸込温度を下げることで、アンビエント(ベース)空調機の設定温度を上げることができる。ある程度の規模のコンピュータルームでは、全体として省エネルギー化が可能となる(ユーザーの環境による)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他仮想化関連」関連の製品

アプリケーション仮想化ツール Spoon 【双日システムズ】
その他仮想化関連
アプリケーションを改修することなくOSの移行やIEのサポート切れに低コストで対応できるアプリケーション仮想化ソリューション。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008957


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ