●アライドテレシス、SIPに対応したIP電話端末「CentreCOM CP100TX」等を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●アライドテレシス、SIPに対応したIP電話端末「CentreCOM CP100TX」等を発売


掲載日:2004/12/14


News

 アライドテレシス株式会社は、SIP対応IP電話端末「CentreCOM CP100TX」、ブロードバンドルーター機能付きVoIPゲートウエイ「CentreCOM RG601TX」、告知放送機能付きVoIPゲートウエイ「CentreCOM RG601TX-SP」を、2005年1月初旬より順次発売する。価格は、3製品ともオープン価格となっている。

 「CentreCOM CP100TX」は、SIPに対応し、企業に必要な各種電話サービス(リダイヤルや保留/復帰、転送など)、ディスプレイ機能、短縮ダイヤル、スピーカーホンなどの機能を備えたIP電話端末。IEEE802.3af準拠のPoE(Power over Ethernet)機能により、給電機能を付属したネットワーク機器と接続することで、LANケーブルを通じた受電が可能となる。また同製品に搭載されたLANポートによりPCをカスケード接続することができるため、デスク周りの配線を統合することができる(別売のACアダプタからの給電も可能)。

 「CentreCOM RG601TX」は、10BASE-T/100BASE-TXネットワークポートに加え、アナログ公衆回線ポートや電話機接続ポートを装備し、SIPに対応したVoIPゲートウエイ。NAT、PPPoE、ファイアウオール、タグVLAN機能などを装備し、ブロードバンドルーターとして機能するため、柔軟なネットワーク構成が可能となる。SIPサーバーが無い環境下でも、本体内部にユーザーの登録を行なうことで該当する機器へ発呼をかけることが可能な“VoIPアドレステーブル機能”も搭載している。

 「CentreCOM RG601TX-SP」は、「RG601TX」のシリーズで、スピーカーを内蔵し、IPブロードキャストによる一斉同報機能を付属したVoIPゲートウエイ。同機能を利用することで、自治体などが有線放送で行なっている災害発生時や緊急時の住民への一斉通知を、IPネットワーク上で行なうことができる。また「RG601TX」シリーズの特長として、インターネット(PPPoE)と音声系ネットワーク(ダイレクトIP)への同時接続が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008953


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ