●NRI、レガシーシステムをオープンシステムに移行するリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NRI、レガシーシステムをオープンシステムに移行するリューションを提供


掲載日:2004/12/13


News

 株式会社野村総合研究所は、既存のレガシーシステムをオープンシステムに移行するマイグレーションソリューション「Sitar」の提供を、開始した。同ソリューションの開発にあたっては、マイクロソフト株式会社の.NET、印ゼンサー・テクノロジー・リミテッドのシステム分析/実装技術を採用し、3社の協業により営業活動を推進する。

 レガシーマイグレーションは、メインフレームやオフコンといったレガシーシステムで稼働する業務アプリケーションを、オープン系のプラットフォームに短期間/低コストで移行するシステムソリューション。「Sitar」は、既存システムのビジネス機能をリエンジニアリングしてモデルベースに洗練した上で、新プラットフォームに移行するマイグレーション手法。「Sitar」を活用することにより、現行機能を保証しながら、システム内部のスパゲッティ状態を解消して、モデリングベースでデザインされた新システムに移行することが可能となる。

 従来のマイグレーション手法ではオリジナルソースコードになるべく手を加えず、開発言語も基本的にそのままで移行するため、冗長な作りや重複した機能もそのままになるという欠点があった。「Sitar」はこの欠点を解消し、エンハンスを重ねて内部がブラックボックス化しているようなケースでも利用することができる。マイグレーション対象となるシステムは、COBOLをはじめ、オープン系を含むさまざま開発言語を対象とすることができる。このため、新規開発によるシステム再構築が必要な場合でもマイグレーションを適用することができる。

 既存システム資産の内部構造を可視化でき、レガシーシステムの言語に依存しないため広範囲に適用可能なほか、モデルベースのシステムに入れ替わるため、将来の保守/拡張も容易に行なうことができる。また、現行保証が可能なため、従来の業務プロセスを変更せずにシステムの再構築が可能なほか、新しいビジネスモデル(業務要件)を取り込むこともできる。さらに、効率的なフレームワークとオフショア開発により、低価格化も実現している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008938


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ