●ユニアデックス、米VMware社のサーバー仮想化ソフトウエア製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●ユニアデックス、米VMware社のサーバー仮想化ソフトウエア製品を発売


掲載日:2004/12/10


News

 ユニアデックス株式会社は、米VMware社と代理店契約を結び、VMware社のサーバー仮想化ソフトウエア製品を、12月13日より発売する。

 VMware社の製品は、仮想化サーバーへのOS環境の移行、移行後のサーバーの一元管理を実現するソフトウエアなどで構成されている。VMware社のコア製品は、「VMware ESX Server 2」、「VMware Virtual Center/VMotion」、「VMware P2V Assistant」となっている。「VMware ESX Server 2」は、1台のIAサーバー上に、仮想的に複数のサーバー環境を構築するほか、WindowsやLinuxなど複数のOSを同時に稼働させることができる。これにより、物理的な1台のハードウエアを、Webサーバーやテストサーバー、アップデートの検証用サーバーなどとして同時に稼働させ、使い分けることが可能となる。

 「VMware Virtual Center/VMotion」は、複数の「VMware ESX Server」上で稼働する全ての仮想サーバー環境を一元管理する統合管理ソフトウエア。“VMotion機能”で仮想化した、OSとアプリケーション含むサーバー環境を停止せずに、管理下にある別の「VMware ESX Server」上に移動させることができる。これにより、CPUの負荷を分散させることが可能となるほか、継続性のあるシステム稼働でビジネス効率を高めることができる。「VMware P2V Assistant」は、稼働中のサーバーを「VMware ESX Server」上で動作する仮想サーバーに移行する。稼働中のシステムをIAサーバーへ容易に移行でき、従来資産の有効利用につなげることが可能となる。

 ユニアデックスは、これらのソフトウエアの販売に加え、仮想化サーバー間でのデータ共有をSAN環境構築ノウハウを利用して提供する。ユニアデックスの「VMwareソリューション」では、VMware製品を利用したサーバー統合ソリューションに加え、複数の「VMware ESX Server」間でストレージを共有しネットワーク化するSAN環境が提供される。これにより、仮想化サーバー間でのデータ共有環境をはじめ、“VMotion機能”を利用してシステムが停止しない環境を作り、大規模企業での可用性も実現することができる。なお価格は、「VMware ESX Server 2」が2 CPUで63万円からとなっている。


出荷日・発売日 2004年12月13日 発売
価格 「VMware ESX Server 2」:630,000円/2 CPU〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008920


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ