●エンプレックスなど、「eMplex CRM」データをPDA等と同期させる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●エンプレックスなど、「eMplex CRM」データをPDA等と同期させる製品を提供


掲載日:2004/12/09


News

 エンプレックス株式会社とインテリシンク株式会社は、エンプレックスのグループウエア&ナレッジマネジメント製品「eMplex EIP」のデータを、PDAやOutlookとシンク(同期)するための「Intellisync for eMplex」の共同開発について合意し、2005年5月より提供すると、発表した。

 「Intellisync」は、シンク(同期)ソリューションとして企業に導入されている統合型CRMソリューション。「Intellisync for eMplex」は、スタッフのスケジュール共有や会議室予約/経費清算から、蓄積された顧客とのコミュニケーション情報や自社製品サービスへのフィードバック情報の分析など、仕事の速度と品質を向上するために必要な情報と機能に、いつでもどこでもシームレスにアクセスすることが可能となっている。

 「Intellisync for eMplex」により「eMplex CRM」のユーザーは、従来のPC/携帯電話のブラウザからのアクセスに加え、PalmやPocket PC、OutlookなどのデバイスやPCソフトウエアからのアクセス/データシンク(同期)することができる。これにより、従来オンラインでしかデータ参照/共有できなかったCRMやSFAのデータをオフラインでも参照可能となり、より迅速にデータを参照することができる。

 また、既にさまざまなデバイス/グループウエアに対応している「Intellisync」を利用することで、エンプレックスは今後ユーザーの要望で追加デバイス/グループウエアとのデータシンク(同期)機能を提供することが容易に可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 InSite for Business 【ディスカバリーズ】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」にSharePointのサイトテンプレート「InSite」を標準実装。1名からでも利用可能。スマホ、iPad、携帯、マルチデバイス対応。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008902


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ