●日本インターグラフ、レイアウト機能等が改善されたGIS新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本インターグラフ、レイアウト機能等が改善されたGIS新バージョンを発売


掲載日:2004/12/08


News

 日本インターグラフ株式会社は、統合型GISへ最新のGISテクノロジーを提供するGIS製品の新バージョン「GeoMedia5.2プロダクトスイート」を、発売した。価格は、34万円となっている。

 「GeoMedia5.2プロダクトスイート」は、デスクトップ向けの「GeoMedia5.2」と「GeoMedia Professional5.2」、Web向けの「GeoMedia WebMap5.2」と「GeoMedia WebMap Professional5.2」から構成される。レイアウトウィンドウの作図ツールボックスをOffice製品のツールボックスと同等にしたほか、図形要素の配置、編集およびシンボル化におけるシンプルで優れた操作性のインターフェースに改善されている。イメージデータのプロットでは、大容量のデータに対し画質とパフォーマンスの相互の度合いを制御することができる。

 また、データサーバー機能が改善/追加されているほか、解析機能における関数や“ダイナミッククエリー”機能の追加や、世界標準インターフェースとデータフォーマットに対する継続的なサポートも実現している。全て業界標準のオープンなカスタマイズ環境も提供される。さらに、デスクトップ製品はVisual Basic、Visual C++、.NET、DelphiといったWindows標準の開発環境に対応しており、Web製品はVB Script、Java Script、Java、ASP.NETによるコンテンツの構築が可能となっている。

 なお、「GeoMedia」テクノロジーをコアに、機能を拡張したインダストリーソリューション向けの「GeoMedia Public Works」、「GeoMedia Parcel」、「GeoMedia Transportation」、「GeoMedia」へOracleデータベースのトランザクション機能を提供する「GeoMedia Transaction Manager」、拡張機能を提供す「GeoMedia Image」、「GeoMedia Grid」、「GeoMedia Terrain」、インターグラフ社が展開している位置情報管理とGISを融合したソリューション“モバイルリソースマネジメント”を実現する、「GeoMedia」テクノロジーをベースに開発されたアプリケーション「IntelliWhere TrackForce5.2」も、発売された。


出荷日・発売日 2004年12月1日 発売
価格 340,000円

関連キーワード

「日本インターグラフ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008887


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ