●日商エレ、兼松コミュニケーションズのネットワーク事業の承継で基本合意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日商エレ、兼松コミュニケーションズのネットワーク事業の承継で基本合意


掲載日:2004/12/03


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、兼松株式会社の100%子会社である兼松コミュニケーションズ株式会社(KCS)と、ネットワークセキュリティ事業の強化を目的に、2005年1月1日を目標にKCSのネットワーク事業を承継することで基本合意したと、発表した。

 KCSは、1991年にLAN事業部を発足し、ネットワーク関連製品の一次代理店として販売/教育サービス事業を行なってきた。現在では、1993年に参入した移動体通信機器販売を主力事業と位置付け、同事業へ経営資源の集中を進めている。また日商エレは、ネットワークセキュリティ事業を注力事業の1つと位置付け、同事業へ経営資源の集中を進めている。今回日商エレでは、KCSのネットワーク事業およびスキルの高い従業員を承継することが、事業基盤強化につながるものと判断し、KCSのネットワーク事業を承継することで合意した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

負荷分散だけではない、BIG-IPが企業にもたらす多様なソリューション 【ネットワールド】 DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】 サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
「BIG-IP」といえば負荷分散、そんな思い込みを持つ方は少なくない。しかしクラウドの普及やサイバー攻撃の増加といったIT環境の変化に適用する機能を豊富に用意している。 全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。 企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008835


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ