●日立電線、ウイルス定義ファイルを接続時に更新する検疫LANシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日立電線、ウイルス定義ファイルを接続時に更新する検疫LANシステムを発売


掲載日:2004/12/03


News

 日立電線株式会社は、同社の認証スイッチ「Apresia」とエフ・セキュア株式会社が開発した「F-Secure検疫コントローラ」との連携を図ることで、社内ネットワークに接続される端末のアンチウイルス定義ファイルを常に最新に保つことが可能な検疫LANシステムを、発売した。

 同システムは、クライアント端末にアンチウイルスソフト「F-Secureアンチウィルスクライアントセキュリティ」をインストールし、クライアントが社内ネットワークに接続する際、「Apresia」がクライアントを、「F-Secure検疫コントローラ」がインストールされたサーバーにアクセスさせる。そこで自動的にアンチウイルス定義ファイルがチェックされ、定義ファイルが古い場合は自動的にアップデートされる。このため、クライアントが意識しなくても定義ファイルの更新が行なわれ、最新の定義ファイルがインストールされた端末だけが社内ネットワークに接続可能となる。

 「Apresia」は、1台で最大300ユーザーの認証が可能で、配下のノンインテリジェントハブや無線LANアクセスポイントに接続された端末を個々にチェックすることができる。これによりユーザーは、従来のネットワーク構成を大きく変更せずに、「F-Secure検疫コントローラ」と、クライアント数に応じた「F-Secureアンチウィルスクライアントセキュリティ」、「Apresia」を購入することで、コストを抑えながら同システムの導入が可能となる。「F-Secure検疫コントローラ」の価格は、クライアント数に関わらず1サーバーで200万円、「F-Secure検疫コントローラ」と「F-Secureアンチウィルスクライアントセキュリティ」「Apresia」は、各販売パートナーを経由して販売される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス 【シマンテック】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断 【SCSK】 セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断 Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008832


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ