●富士ゼロックス、電子文書などを一元管理/活用できる文書管理ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士ゼロックス、電子文書などを一元管理/活用できる文書管理ソフトを発売


掲載日:2004/12/03


News

 富士ゼロックス株式会社は、PC上で異なるアプリケーションで作成した電子文書とスキャンした紙文書を一元管理/活用できるドキュメントハンドリングソフトウエア「富士ゼロックスDocuWorks 6.0日本語版」を、2005年2月8日より発売する。価格は、1ライセンス基本パックが1万4200円、5ライセンス基本パックが5万8000円となっている。

 「DocuWorks」は、誰でも容易に“紙のように扱える電子文書”を実現するという基本コンセプトの元に開発された、直感的な操作が可能なドキュメントハンドリングソフト。新バージョンは、Webブラウザから、Webサーバー内の「DocuWorks」文書に対する編集/書き込みが可能で、複数のユーザーがWebブラウザから順次書き込みを行なうことができる。「DocuWorks」文書に加え、PDFファイルやTIFF/JPEG/BMPといったイメージファイルもサムネイル表示することが可能となっている。

 PDFファイルを生成するアドビシステムズ社の「Adobe Acrobat Elements」も同梱され、変換ボタンをクリックするだけで「DocuWorks」文書を容易にPDFファイル化することができる。生成されたPDFファイルは「DocuWorks Desk」内で全文検索の対象となり、タイムリーな情報検索が可能となる。PDFファイルのサムネイル表示と検索には、英Global Graphics Software Limited.の「Jaws PDF Editor SDK」が使用されている。Office XP/2003(Word/Excel/PowerPoint)に関しても、「DocuWorks」文書変換ボタンのアドインにより、「DocuWorks」文書への変換を容易に行なうことができる。

 また、基本機能については、自然文検索アプリケーションの同梱により柔軟な検索が可能なほか、OCRについても、新エンジンの採用によりスキャンした文書の検索性が向上し、OCR変換結果の再利用も可能となっている。さらに、文書の活用を自然に促す環境を提供するオプションソフトウエア「DocuWorks Context Service 1.0日本語版」も、19万8000円で発売される。


出荷日・発売日 2005年2月8日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008829


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ