提携●SAPとSNSC、与信管理ソリューションの提供で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●SAPとSNSC、与信管理ソリューションの提供で協業


掲載日:2004/12/02


News

 SAPジャパン株式会社とスーパーネット・ソリューションズ株式会社(SNSC)は、SAPジャパンが、従来に比べ機能拡張された「SAP与信管理」を提供することを機にSNSCと協業すると、発表した。

 今回SAPジャパンは、ERPソリューションの新版「mySAP ERP 2004」の一構成要素として「SAP与信管理」の提供を開始する。「SAP与信管理」は、入手した格付情報を社内の基幹業務と直結することを可能にするほか、債権管理や販売管理などの他の「mySAP ERP」コンポーネントと統合しているため、“受注時点での与信チェック”や“債権残高を反映した与信限度額の更新”が可能となる。また、非SAPシステムの販売データとSAP与信管理を組み合わせる仕組みが予め用意されているため、システムの種類に関係なく、与信管理システムを構築することができるほか、外部格付情報を取り込んで、取引先の格付けを企業独自のルールで定義することも可能となる。

 SNSCは、三井物産のリスクマネジメントノウハウを結集したASPサービス「取引先与信管理サービス」を提供している。同サービスは、与信管理の基本情報となる精度の高い“SNSC信用格付”や“与信判断結果(適正与信金額)”などを提供する「与信判断サービス」、取引先の信用変動情報をメールなどでタイムリーに通知する「与信フォローアップ」、上記情報に加えその他企業情報や財務情報を一括して管理でき、企業の与信管理ファイルを容易に作成可能な「取引先ファイル」で構成されている。

 「SAP与信管理」と「SNSC取引先与信管理サービス」を組み合わせることにより、精度の高い与信情報を維持しつつ、基幹業務システムと連携した与信管理を行なうことができる。SNSCファイルに含まれる“SNSC信用格付データ”や“適正与信金額データ”の、「SAP与信管理」の取引マスタへの取り込みも可能にする。さらに、SAPジャパンが「SAP与信管理」に関わる導入コンサルティングを、SNSCが与信管理に関係する全般およびシステム構築に関するコンサルティングサービスを行なうほか、両社共同のセミナーも開催する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】
ERP ERP ERP ERP ERP
幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008821


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ