事例●住友信託の新ダイレクトバンキングシステムで日本IBMの「MCT」が採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●住友信託の新ダイレクトバンキングシステムで日本IBMの「MCT」が採用


掲載日:2004/12/02


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、金融機関のチャネル(顧客接点)戦略を支援する同社のソリューション「マルチチャネル・トランスフォーメーション」(MCT)が、住友信託銀行株式会社の「新ダイレクトバンキングシステム」に採用され、同システムが本格稼働したと、発表した。

 新ダイレクトバンキングシステムは、従来提供してきた商品サービスに加え、新総合口座「ユアパートナー」を新サービスとして追加した。「ユアパートナー」は、無通帳/印鑑不要で、電話/インターネットでの入出金手数料/振込手数料の優遇サービスや、一目で資産状況や預金口座の入出金がわかる「ユアパートナー専用レポート」を送付するサービスを備えている。

 「MCT」の採用により新ダイレクトバンキングシステムは、利用者の情報を複数チャネルから共用できるメリットに加え、従来チャネル毎に開発されていたサービス機能(プログラム)も共有することが可能となり、新たな商品/サービスを、複数チャネルから短期間で提供することができる。また、コールセンターシステムにはVoIPを採用し、将来のIP電話網への対応に加え、営業店やオフィスから目的別にコールセンター機能を提供することができる。

 「MCT」は、次世代のトランザクション処理ミドルウエアであるIBMのアプリケーションサーバー「WebSphere」を基盤に、業界標準のJ2EEを採用している。業界標準の採用により、特定のハードウエアにとらわれず、汎用機「IBM eServer zSeries」、UNIXサーバー「IBM eServer pSeries」、IAサーバー「IBM eServer xSeries」でも稼働する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008819


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ