●サイバーソリューション、Symantec向けのアンチウイルスモニタリングを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●サイバーソリューション、Symantec向けのアンチウイルスモニタリングを発売


掲載日:2004/12/02


News

 サイバーソリューション株式会社は、株式会社シマンテックの「Symantec AntiVirus Corporate Edition」などのウイルス対策製品のユーザー向けに、ユーザーの保有するPCのウイルス保持/感染状況や定義ファイルのアップデート状況などを監視し、ユーザー企業のシステム管理者にレポートやアラートメールなどを提供するサービス「SAMS」(Secured Anti-virus Monitoring Service)を、発売した。

 「SAMS」は、ウイルス定義ファイルの更新状況やウイルスの侵入状況などを、迅速に把握することができるほか、ウイルスが侵入した場合の緊急時には、システム管理者に対して送信されるアラートメールにより、感染のPCを特定でき、個別の対応/指導が可能となる。レポート生成機能により、ウイルス感染状況などを部門別/個人別にも統計的に管理する機能も備えている。

 また、ウイルスに感染した場合の駆除やリカバリー(初期化)作業などをユーザーが対応出来ない場合は、復旧作業(別途:有償)をオムロンフィールドエンジニアリング株式会社に出張対応で依頼することが可能で、その作業費の一部は、東京海上日動火災株式会社のウイルス保険で補われる。同サービスを導入することにより、企業のコンピュータウイルス対策を効率化/体系化することができる。なお、有料でのサービスは、2005年2月1日より開始される予定。


出荷日・発売日 2004年12月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008814


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ