新技術●NTT、利用者が自由に利用条件を設定できる条件付ID技術などを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術●NTT、利用者が自由に利用条件を設定できる条件付ID技術などを開発


掲載日:2004/12/01


News

 日本電信電話株式会社は、利用者が自由に利用条件を設定できる条件付ID技術「privango」と、同技術の適用により迷惑メール対策などを実現可能な「privangoメールシステム」を、開発した。

 「privango」は、メールアドレスなどのさまざまなプライバシー情報を、暗号技術によって保護することができるID技術で、NTT研究所により開発された。「privangoメールシステム」では、「privango」をメールアドレスに適用することで、利用者が現在使用しているメールアドレスを基に、利用条件が設定された条件付きメールアドレスの提供を可能とする。有効期限やメールの相手などを限定する任意の利用条件を、用途ごとに利用者自身が容易に設定できるため、利用者は、設定した利用条件が暗号化された条件付きメールアドレスでメールサービスを利用可能で、条件に合致しないメールはメールサーバーによって自動的にブロックすることができる。これにより、条件付きメールアドレスが漏えいした場合でも、迷惑メールを予防することが可能となる。

 暗号技術を利用していることで、利用条件などのメールアドレス毎の情報をサーバーで保持する必要がなく、利用者の希望に応じて利用条件の異なるメールアドレスを容易に複数提供することができる。なお、メールアドレスに設定が可能な利用条件は、利用可能な期限日/相手のメールアドレス/相手のメールアドレスのドメイン/件名の特定のキーワードとなっている。条件付メールアドレスは、ニックネーム部+利用条件部で構成される形式で提供される。また、同システムのメールサーバーでは、復号により転送先メールアドレスやその利用条件などの情報を得られるため、データベースとして保持する装置が不要となっている。これらにより、安全なメールアドレスを低コストで制限なく発行することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008780


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ