●NEC、Itanium 2を最大16個搭載可能なエンタープライズサーバーなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、Itanium 2を最大16個搭載可能なエンタープライズサーバーなどを出荷


掲載日:2004/11/22


News

 日本電気株式会社は、同社のエンタープライズサーバー「NX7700i」シリーズで、Itanium 2プロセッサを最大16個まで搭載可能なラックマウント型ミッドレンジ新モデルなど4モデルの製品化や、マルチOSに対応した運用管理ミドルウエアの強化などを行ない、12月末より出荷する。

 「NX7700i」シリーズは、HP-UX 11i、Red Hat Enterprise Linux、Windows Server 2003 64bitの3つのOS(マルチOS)に対応したエンタープライズサーバー。新製品は、Itanium 2プロセッサ1.6GHzを最大16個搭載可能なラックマウント型ミッドレンジモデル「NX7700i/3040M-16」、最大32個搭載可能なハイエンドモデル「同/3080H-32」、16 CPUモデルの「同/3040H-16」、8 CPUモデルの「同/3020M-8」の計4モデルとなっている。

 「NX7700i/3040M-16」は、高さ14Uのラックマウント本体を採用したミッドレンジモデル。拡張スロットなどの拡張性を維持しながら従来モデルの半分以下の省スペース化を実現し、19インチラックに最大2台まで収納可能となっている。

 また、同社の提唱するプラットフォームテクノロジー“VALUMO”の中核を担うミドルウエア製品群「VALUMOウェア」において、マルチOS環境への対応が強化されている。今回は、システム障害や処理負荷の増減に応じてシステムリソースの自動割り当てを行なうプロビジョニング機能を実現するミドルウエア「WebSAM ProvisioningMaster」、複数サーバーに対するOSのインストール、修正モジュールの適用、バックアップ採取/復元を一元的に行なえるミドルウエア「WebSAM Deployment Manager」の2製品を強化し、HP-UX/Linux/Windowsの3つのOSでの稼働を実現している。これにより、マルチOS環境におけるシステムの効率的な運用管理を可能としている。

 なお価格は、「3040M-16」が1200万円から、「3080H-32」が3480万円から、「3040H-16」が2180万円から、「3020M-8」が810万円からとなっている。


出荷日・発売日 2004年12月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「UNIXサーバ」関連の製品

OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件 【レッドハット】
UNIXサーバ
OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008681


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ