●エプソン、2Way給紙対応の省スペースA3カラーレーザープリンタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●エプソン、2Way給紙対応の省スペースA3カラーレーザープリンタなどを発売


掲載日:2004/11/19


News

 エプソン販売株式会社は、“2Way給紙”を標準装備し省スペース性/操作性を強化したA3対応カラーレーザーのオフィリオプリンタ「LP-9200C」、“UPGRADEコンセプト”でカラーに発展する高速モノクロレーザーのオフィリオプリンタ「LP-9200B」、モノクロ高速の低価格デジタル複合機のオフィリオステーション「LP-9200CCS」など全8モデルを、12月13日より順次発売する。

 「LP-9200C」は、社内で使われているモノクロレーザーの置き換えをターゲットに、本体に用紙トレイと用紙カセットを標準装備した“2Way給紙”により、省スペース化を実現している。また、用紙トレイからの手差し給紙にも標準で対応し、印刷時の操作性も向上している。操作パネルは、メッセージが見やすいバックライト付きワイド液晶パネルを採用しているほか、10BASE-T/100BASE-TXインターフェースも標準装備している。印刷速度は、カラー毎分10枚/モノクロ毎分40枚という高速印刷を実現しているほか、両面印刷機能も標準で搭載しており、両面印刷時の印刷速度は、片面印刷時と同等の毎分10枚/モノクロ毎分40枚となっている。

 「LP-9200B」は、モノクロ毎分40枚という高速出力と、両面印刷機能やネットワークインターフェースの標準装備に加え、手差し給紙可能な用紙トレイを標準で装備したモノクロレーザープリンタ。購入後にカラートナーを追加することで、カラープリンタに発展できる“UPGRADEコンセプト”を採用している。さらに、企業の設計開発部門や教育機関、研究室向けに、「PostScript3」ソフトウエアを搭載したカラーレーザー「LP-9200CPL」も、用意されている。

 「LP-9200C」は、専用コピーユニット「CS-9000」と高速スキャナを組み合わせることで、同社が提唱するプリンタ発想のデジタル複合機「オフィリオステーション」に発展する。モノクロコピー機からの置き換えに適したローコストモデル「LP-9200CCS」、増設カセットやオートドキュメントフィーダをセットにした「LP-9000CFS」、高速読み取りや高速モノクロコピーを実現した「LP-9200CFH」の3モデルが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008678


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ