事例●味の素冷凍食品がSCM推進の強化のためマニュジスティックス製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●味の素冷凍食品がSCM推進の強化のためマニュジスティックス製品を採用


掲載日:2004/11/19


News

 マニュジスティックス・ジャパン株式会社は、味の素冷凍食品株式会社が、生販計画を高度化し、SCM推進を強化するための手段として、マニュジスティックスのソリューションを採用したと、発表した。

 味の素冷凍食品では、市場の変化や消費者嗜好の多様化に迅速かつ柔軟に対応しながら、在庫を削減する取り組みを、自社の業務見直しとシステム化によって継続的に進めている。今回、この取り組みを強化するため、需要予測精度向上といった生販計画を高度化し、週次生販体制を整備することや、計画の自動化とアラーム活用型への転換により、週次化に伴って増大する業務負荷を軽減すること、国内および海外にわたりグローバルに広がる供給体制の下、生販計画を一元的かつ効率良く管理することが、必要となっていた。同社では、これらを実現できるシステムとしてマニュジスティックスソリューションを採用し、在庫削減に加え、管理コストや物流コストの削減などの効果を見込んでいる。

 また、安心で質の高いおいしさを提供する“安心品質”の考え方を基本として、原料の調達から調理加工、販売まで、さまざまな取り組みを行なっている。同社は、マニュジスティックスのソリューションを導入して全社的なSCMシステムを構築することで、商品を過不足なく、適切なタイミングで供給できる体制を整え、顧客ニーズへの対応も図る。

 今回味の素冷凍食品では、1100品目の全商品を対象に、マニュジスティックスの「NetWORKS Demand」と「NetWORKS Fulfillment」を導入する。稼働開始は2005年8月頃の予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「マニュジスティックス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008674


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ