事例●イトーキがアクシスソフトのリッチクライアント「Biz/Browser」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●イトーキがアクシスソフトのリッチクライアント「Biz/Browser」を採用


掲載日:2004/11/18


News

 アクシスソフト株式会社は、同社のリッチクライアント製品「Biz/Browser」が、株式会社イトーキの企業システムプラットフォームとして全面採用されたと、発表した。なお、今回のシステムは日立製作所より提案/提供され、採用された「Biz/Browser」ライセンス数は1200ライセンスとなっている。

 イトーキでは、日立製作所製メインフレーム「AP8000」上で稼働する業務システムを「Hitachi Web Server for VOS3」適用によりWeb化し、端末エミュレータで利用している。イトーキでは、従来の端末エミュレータによるシステム利用の際に問題となる、表示文字制限/画面レイアウトの不自由さ/ライセンスコストなどを解決するため、システムのWeb化を図り、当初HTMLを利用したシステムを採用していた。今回、ユーザビリティの向上を目的として、HTMLでのシステムと「Biz/Browser」でのシステムの利用を検討した。

 その結果、画面表示高速レスポンスの実現/ファンクションキーなどキーボードの割当てが可能な点/伝票入力などの業務オペレーションに適した機能の充実/データの詳細なエラーチェックができ、信頼性のあるデータ生成が可能な点など、端末エミュレータのユーザビリティを損なわずに業務オペレーションを行なうことができ、エミュレータ利用時の問題点を解決可能なことから、「Biz/Browser」を採用した。

 今回「Biz/Browser」の全面採用にあたり、イトーキでは、2004年11月より本格稼働する経理/会計仕訳システムに先行導入し、12月より全社規模での導入を計画している。既に、営業支援などの情報系システムや、受注/出荷売上などを管理する基幹系システムの機能毎に業務処理サーバーが導入されており、今後これらの各々のシステムを統合し、その機能毎のアプリケーションの閲覧ソフトとして「Biz/Browser」を利用させる予定。これにより、さまざまなシステムのユーザーインターフェースをWeb環境下で統一可能となり、全社規模での業務効率の向上を目指す。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】 メインフレームマイグレーションサービス 【NDIソリューションズ】
その他開発関連 その他開発関連
Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。 既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008654


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ