●三菱電機、Xeon 3.60GHzを搭載したラック型のPCサーバー2モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●三菱電機、Xeon 3.60GHzを搭載したラック型のPCサーバー2モデルを発売


掲載日:2004/11/18


News

 三菱電機株式会社は、PCサーバー「三菱サーバコンピュータFT8600」シリーズの新製品として、高速CPUを搭載し性能向上を図ったラックマウント型の「220Rb/210Rb」の2モデルを、発売した。価格は、「220Rb」が52万5000円から、「210Rb」が48万2000円からとなっている。

 両モデルとも、Xeonプロセッサ3.60GHzの搭載により、演算処理を高速化している。「E7520」チップセット、DDR333 SDRAMメモリー、800MHzのFSBとの組み合わせにより、高速データ処理を実現している。「220Rb」は2Uラックマウント型で、64ビットPCI-X(100MHz)拡張スロットを6スロット装備し、業務拡大に応じてハードディスクや増設ボードを追加することができる。「210Rb」は、厚さ1Uで、冗長電源や冗長ファン(いずれもオプション)、RAID 0/1/5の冗長構成など、信頼性の高いディスクシステム構築が可能となっている。

 両製品とも、ディスクアレイコントローラを標準装備(オンボード)し、オプションのディスクアレイコントローラを追加せずにRAID 0/1を構成することができ(RAID 5を構成する場合にはオプションボードの追加が必要)、少ないコストでRAID構成を実現可能となっている。メモリー障害(4ビットまでの複数ビット障害)を自動検出/修正する「Chipkill ECCメモリー」も搭載している。

 また、ギガビットイーサネットポートを2ポート内蔵しており、毎秒1ギガビットの高速なLAN環境に追加ボード無しで接続することができる。さらに、「FT8600」シリーズ全モデルにサーバー管理機能を標準搭載しており、OS非稼働時や電源オフ状態でも指定のメールアドレスに異常通知を発信することが可能となっている。


出荷日・発売日 2004年11月18日 発売
価格 「220Rb」:525,000円〜/「210Rb」:482,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

冗長性レベルも使い分け、理研産業がサーバ障害による業務停止をゼロにした秘訣 【日本ストラタステクノロジー】 CAE環境の仮想化で実現、社内リソースフル活用の環境構築に貢献したものとは? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】 財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】 デスクトップ仮想化のために選ばれたソリューション、その決め手は? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】 HPC向けSMPサーバの最前線を探る、CPU 896コア搭載でさらなる高速処理が可能に 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
冗長性レベルも使い分け、理研産業がサーバ障害による業務停止をゼロにした秘訣 CAE環境の仮想化で実現、社内リソースフル活用の環境構築に貢献したものとは? 財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは? デスクトップ仮想化のために選ばれたソリューション、その決め手は? HPC向けSMPサーバの最前線を探る、CPU 896コア搭載でさらなる高速処理が可能に

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008653


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ