●富士通SSL、不正アクセスからサーバーを守るOSセキュリティ強化製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士通SSL、不正アクセスからサーバーを守るOSセキュリティ強化製品を出荷


掲載日:2004/11/17


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、OSレベルでのアクセス制御や権限の細分化により、企業内に多数存在するサーバーを不正アクセスから保護するOSセキュリティ強化ツール「SHieldWARE」を、12月1日より出荷する。価格は、「SHieldWAREスタンダード」が110万円から、「SHieldWAREライト」が95万円から、必須の構築サービスが50万円からとなっている。

 「SHieldWARE」は、既存のサーバーにインストールするだけで、不正なシステムコールを検知し、強制的に実行拒否することで、サーバー内部から攻撃を防御するOSセキュリティ強化ツール。プロセスやユーザーなどのシステムリソースに対して、特殊なセキュリティ属性を付与することでアクセス制御を行ない、アクセス権限を細分化することにより、管理者権限が乗っ取られた場合でも影響範囲を抑えることができる。

 OSレベルで攻撃を防御するため、セキュリティパッチ未適用期間のリスクを低減することができ、パターンファイルも不要となっている。また、複雑なOSのセキュリティ設定をGUIで簡易化し、複数の異なるプラットフォームのサーバーを一元管理することができる。さらに、OSへのアクセスログを詳細に記録することで、情報漏えいを抑止し、事後の監査に利用することも可能となっている。作成するログには特殊なセキュリティ属性が与えられるため、ログの改ざんを防止することもできる。


出荷日・発売日 2004年12月1日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

要件の変化に即応、拡張性重視のセキュリティゲートウェイ運用術 【マクニカネットワークス】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 サービスゲートウェイで実現する通信事業者レベルのセキュリティ 【マクニカネットワークス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
トラフィック増加も怖くない 拡張容易な次世代ファイアウォール 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
より高度に、より堅牢に――”最高級”のセキュリティレベルを手に入れる

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008624


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ