●NTTファシリティーズ、IPv6でビル設備と業務アプリを統合するIPv6BASを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTTファシリティーズ、IPv6でビル設備と業務アプリを統合するIPv6BASを提供


掲載日:2004/11/16


News

 株式会社NTTファシリティーズは、IPv6を利用して、従来のビルディングオートメーションシステム(BAS)とグループウエアやメールなどの業務用システム、通信システムなどの情報通信設備を光統合するBAS(IPv6BAS)の提供を、開始した。価格は、個別見積となっている。

 IPv6BASは、IPv6などを用いて信号変換装置を極力無くし、BAS/業務用システム/通信用システムを光配線で統合したシステム。BAS本来の建物設備(空調/電気/防災/防犯設備など)を統合監視/制御する機能を備えているほか、業務用システムや通信用システムとの連動を図ることで、新たな機能を提供する。

 IPv6などのオープンなプロトコルに対応した装置であれば、メーカーが異なっていても接続可能となる。また、各システムを光ファイバーで統合伝送することにより、各システムの通信機器を集約でき、スペースの削減が可能となるほか、管理の効率化が図れるためコストを低減することができる。

 さまざまなアプリケーションも備えており、IPv6BASに集まった各種データやメンテナンスデータは、FM(ファシリティマネジメント)を支援するシステムに展開され、光熱水費や設備保全費の低減に向けた各種分析や、設備点検や報告書作成の効率化が可能となる。さらに、ビルの光熱水量の推移や保守/修繕の履歴などの情報を、テナント単位で閲覧することもできる。Webブラウザを利用して、空調機の温度設定変更や機器の入り切りを容易に行なうことができる。

 ビル設備遠隔監視サービスもオプションで可能となる。計測/警報/機器データなどのビル内の情報は、IPネットワークを経由して、同社の遠隔監視センターに転送することができる。遠隔センターでは、24時間365日の警報監視に加え、各機器のリモートメンテナンス、データの傾向分析、毎月のビル設備レポートの作成などを行なう。これにより、ビルを無人化することも可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

あらゆる操作が可能な特権IDを外部/内部の脅威から守るには 【CA Technologies】 生産性と安全性の両立は可能? ユーザー導入クラウドサービスの賢い活用法 【東京エレクトロン デバイス】 必要なアプリを現場主導で作れる、働き方改革を加速する業務アプリ作成ツール 【ネオジャパン】 「ファイル管理が煩雑」 情シスの悩みの種Office 365の課題を補う方法 【Box Japan】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】
ID管理 その他ネットワークセキュリティ関連 開発ツール その他情報システム関連 グループウェア
全ての操作が可能な特権ID。攻撃者に悪用される事態を防ぐため、適切な制御とモニタリングが不可欠だ。それも仮想化基盤やクラウドを含めた形でなくてはならない。 生産性と安全性の両立は可能? ユーザー導入クラウドサービスの賢い活用法 必要なアプリを現場主導で作れる、働き方改革を加速する業務アプリ作成ツール 個人やチームの業務を支えるOffice 365だが、場合によっては煩雑な管理を要してIT部門を悩ませる。その課題を補い、かつ97%のユーザー定着率を記録した方法とは。 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008613



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ