●富士通、FR-Vプロセッサを用いたIPテレビ電話向け開発パッケージを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士通、FR-Vプロセッサを用いたIPテレビ電話向け開発パッケージを出荷


掲載日:2004/11/16


News

 富士通株式会社は、IPテレビ電話のシステム開発用に、VoIP制御、音声/動画処理、通信プロトコルといった基本機能を実現するためのソフトウエアをまとめ、「IPテレビ電話向けSPDソフトウェアパッケージ」として2005年3月より出荷する。価格は、350万円(税込)となっている。

 「IPテレビ電話向けSPDソフトウェアパッケージ」は、VoIP制御、音声/動画処理、通信プロトコルといったIPテレビ電話の基本機能を実現するソフトウエアをまとめたパッケージ製品。別途提供予定のFR-Vプロセッサ「MB93461」搭載のリファレンスボードおよびLinux OSと共に使用することで、IPテレビ電話の開発用プラットフォームとして利用することができる。同プラットフォームでは、動画コーデックの組み替えや通信プロトコルの組み替えを行なった上での評価や、GUIのカスタマイズが可能で、ユーザーの目的に合ったIPテレビ電話システムを短期間/低コストで開発することができる。

 VoIP制御、音声/動画処理などの基本機能に加え、オンフック/オフフック制御、ダイヤルトーン/リングバックトーンなどの電話機固有の基本制御機能も含まれており、システム開発の効率化と開発期間の短縮化を図ることができる。また、機能追加や規格変更にも即時に対応する。同社のSPD共通API仕様に基づいたソフトウエア構成であるため、SPD間およびリファレンスボード間で、ソフトウエアの移植や相互流通が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 3,500,000円(税込)

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008611


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ