●dit、米EXERS社のセキュリティ統合管理システム「EAS」シリーズを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●dit、米EXERS社のセキュリティ統合管理システム「EAS」シリーズを発売


掲載日:2004/11/15


News

 株式会社ディアイティは、米EXERSテクノロジー社と代理店契約を締結し、セキュリティ統合管理システムの取り扱いを開始すると、発表した。

 EXERS社のセキュリティ統合管理システムは、認証サーバーとポリシーサーバー、サプリカントで構成され、レイヤー2レベルのIEEE802.1x認証、レイヤー3レベルのIEEE802.1QのVLANアクセス、IPSecやSSLなどのVPNアクセス制御を、有線/無線のネットワークで統合管理することができる。

 今回ditでは、トータルなセキュリティソリューションの第1段として、EXERS社の統合認証サーバー「EAS」シリーズとサプリカント「Xkey Pro」を、12月15日より発売する。「EAS」シリーズは、認証サーバーを利用したユーザー認証、ダイナミックKeyの交換、暗号アルゴリズムを利用して、無線LANでのセキュリティを確保するほか、有線LANでは、ユーザー認証によるネットワークへのアクセスコントロールを通して、内部情報を保護することができる。

 また、“DHCP Relay Agent”を利用し、認証ユーザーのIDに従って、IPアドレスを設定することが可能なほか、システムの冗長管理機能として、HA機能を利用した冗長およびフェールオーバーのサポートが提供される。さらに、ユーザー別/セッション別にダイナミックKeyを交換することもできるほか、ユ−ザー登録管理やユーザーアクセスの制限なども実現することが可能となっている。なお、同シリーズの価格は、740万円からとなっている。


出荷日・発売日 2004年12月15日 発売
価格 「EAS」シリーズ:7,400,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】 NeoFace Monitor 【NEC】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008595


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ