●日本HP、パーティショニングの機能などを追加したテープライブラリを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本HP、パーティショニングの機能などを追加したテープライブラリを出荷


掲載日:2004/11/12


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、同社のハイエンドテープライブラリ「HP StorageWorksテープライブラリESL e」シリーズで、パーティショニングの機能などを追加した新製品を、11月下旬より出荷する。価格は、2300万円からとなっている。

 今回出荷される「ESL e」シリーズは、“ライブラリパーティショニング”機能、“キャパシティアップグレード”機能、“リムーバブルマガジン”機能を備えたテープライブラリ。“ライブラリパーティショニング”機能により、大規模なテープバックアップ装置“ライブラリ”を最大6個までの仮想ライブラリに分割し、複数のサーバー/ソフトウエアで共有することができる。バックアップ用としての管理が容易になるほか、アプリケーション環境を変更せずにテープバックアップ装置を統合でき、個別のライブラリ/オートローダ/ドライブの購入が不要となる。また、複数のSAN環境で1台のライブラリを共有することが可能となるため、複数のSANを統合せずにデータを共有することができる。

 “キャパシティアップグレード”機能により、Ultriumで322スロット、SDLTオートローダで286スロットの増設が可能となっている。容易に容量を追加することができるため、小規模からテープライブラリを始めることが可能となる。“リムーバブルマガジン”機能では、メディア管理を容易に行なうことができる。さらに、1つの本体内でUltrium460とSDLT320のメディアのデータを共有することができる。複数のテープテクノロジーが1つのライブラリで運用可能になるため、効率的なバックアップ運用を実現し、データ資産を有効に運用することができる。


出荷日・発売日 2004年11月下旬 出荷
価格 23,000,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008581


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ