●シスコとNTT Com、持ち込みPCなどのLAN接続を排除するソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●シスコとNTT Com、持ち込みPCなどのLAN接続を排除するソリューションを提供


掲載日:2004/11/12


News

 シスコシステムズ株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社は、個人認証によって構内ネットワーク(LAN)のセキュリティを確保するソリューションとして、NTT Comの設計/構築/保守サービスと、シスコのセキュリティ機能対応の通信装置(LANスイッチ、無線LANアクセスポイント、認証サーバー)を組み合わせた「認証VLAN Ciscoパッケージ」の提供を、共同で開始した。価格は、個別見積となっている。

 今回両社は、NTT Comによる認証VLANの設計/構築/保守と、シスコのLANスイッチ「Cisco Catalyst」シリーズ、無線LANアクセスポイント「Cisco Aironet」シリーズ、認証サーバー「Cisco Secure Access Control Server」により、IEEE802.1xに対応した認証VLANソリューションをパッケージとして提供する。LANスイッチ、無線LANアクセスポイント、認証サーバーのインストールおよび機器の保守がセットになっている。認証VLAN環境構築に必要な、全てのネットワーク機器および認証サーバー(RADIUS)に関する設定と設置工事が行なわれるほか、認証および通信に関するトラブルに対して、24時間365日の故障受付も実施される。

 また、故障発生時にはユーザーに連絡して復旧作業が実施される。これは、代替機器をユーザー事業所などに持参し、復旧作業を行なうオンサイトサポートサービスで、対応時間は、平日9〜17時または24時間365日のいずれかを選択することができる。さらに、クライアント設定サポートサービスユーザーのクライアント環境が安定稼働するまでユーザー事業所内に常駐し、運用管理およびクライアントサポートを行なうオプションサポートも、用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008578


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ