●デジベリー、ILMを利用してストレージTCOの最適化を支援するサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●デジベリー、ILMを利用してストレージTCOの最適化を支援するサービスを開始


掲載日:2004/11/11


News

 株式会社デジベリーは、情報ライフサイクル管理手法(ILM)により企業内ストレージTCO(Total Cost of Ownership)の最適化を支援するレポートサービス「ファイルセンサス・ストレージTCO最適化レポート・サービス」を、開始した。価格は、60万円となっている。

 「ファイルセンサス・ストレージTCO最適化レポート・サービス」は、ストレージ管理ソフト「ファイルセンサス」を用いて、企業内のサーバー、NASやSANなどのストレージネットワーク上のディスクに存在するファイルの詳細情報を収集/解析し、情報ライフサイクル管理に基づいた提案を行ない、ストレージインフラに係るコストの最適化案をレポートとして提供する。

 提供されるレポート内容は、ストレージディスクのクリーンアップによるディスク容量の最適化提案、ストレージインフラの階層化提案、データマイグレーションによるデータの価値に基づいた適正配置提案、ストレージTCOの節減予測値などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 600,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】
NAS NAS NAS NAS NAS
いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008561


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ