●デジベリー、ILMを利用してストレージTCOの最適化を支援するサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●デジベリー、ILMを利用してストレージTCOの最適化を支援するサービスを開始


掲載日:2004/11/11


News

 株式会社デジベリーは、情報ライフサイクル管理手法(ILM)により企業内ストレージTCO(Total Cost of Ownership)の最適化を支援するレポートサービス「ファイルセンサス・ストレージTCO最適化レポート・サービス」を、開始した。価格は、60万円となっている。

 「ファイルセンサス・ストレージTCO最適化レポート・サービス」は、ストレージ管理ソフト「ファイルセンサス」を用いて、企業内のサーバー、NASやSANなどのストレージネットワーク上のディスクに存在するファイルの詳細情報を収集/解析し、情報ライフサイクル管理に基づいた提案を行ない、ストレージインフラに係るコストの最適化案をレポートとして提供する。

 提供されるレポート内容は、ストレージディスクのクリーンアップによるディスク容量の最適化提案、ストレージインフラの階層化提案、データマイグレーションによるデータの価値に基づいた適正配置提案、ストレージTCOの節減予測値などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 600,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008561


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ