●NEC、Itanium 2 1.6GHzを最大16個搭載可能なスカラサーバーなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、Itanium 2 1.6GHzを最大16個搭載可能なスカラサーバーなどを出荷


掲載日:2004/11/11


News

 日本電気株式会社は、科学技術計算用に64ビット対応のItanium 2プロセッサを搭載したスカラサーバー「TX7」シリーズ4機種およびブレードサーバー「Express5800/1020Ba」を、12月末より出荷する。

 「TX7」シリーズでは、Itanium 2プロセッサ1.6GHzを最大16個搭載可能で、従来モデルに比べCPUの実装密度を最大2倍に向上させることが可能なラックマウント型の「TX7/i6510」が追加される。また、独立した本体でItanium 2プロセッサを最大32個搭載可能な「TX7/i9510」、最大16個搭載可能な「TX7/i9010」、ラックマウントで最大8個搭載可能な「TX7/i6010」の製品強化も実施されている。OSには従来の製品同様、LinuxとHP-UX 11iV2を採用している。

 「Express5800/1020Ba」は、Itanium 2プロセッサ1.6GHzを最大2個搭載可能で、ブレードサーバー間の接続では最大10Gbpsの通信が可能な高速インターコネクト“InfiniBand”を採用したブレードサーバー。多数のノードを使用する並列計算用途に適している。19インチラック本体に高密度に実装することで、2mラックの本体2台(2 CPU搭載のブレードサーバーを72台収納)で論理ピーク性能921.6ギガフロップスを実現し、省スペース/高効率な科学技術演算用システムを構築することができる。OSには、Linuxを採用している。

 なお価格は、「TX7/i6010」が761万円、「TX7/i6510」が1171万円、「TX7/i9010」が2115万円、「TX7/i9510」が3415万円、「Express5800/1020Ba」が177万円となっている。


出荷日・発売日 2004年12月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008553


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ