●沖電気、トラフィック状況を監視できるシステムなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●沖電気、トラフィック状況を監視できるシステムなどを発売


掲載日:2004/11/10


News

 沖電気工業株式会社は、同社のネットワークトラフィック分析技術を活用し、ネットワークに接続するだけで、トラフィック状況の監視が可能となる「異常トラフィック監視システム」を、11月より発売する。

 「異常トラフィック監視システム」は、ネットワークトラフィックをアプリケーション毎に細分化して把握することができるトラフィック監視システム。ネットワークトラフィックの統計画面から詳細データを検索することにより、トラフィック状況を容易に調査することができる。トラフィックの異常を迅速に見つけることで、ネットワーク感染型ワームの感染活動などを検知することが可能となる。これらの機能により、ネットワークトラフィックの分析や、トラブルシューティングなどを同システムのみで容易に行なうことができる。

 トラフィックの状況を監視するプローブ装置と、プローブ装置を管理するマネージャ装置から構成され、マネージャ装置は最大8台までのプローブ装置を管理することができる。管理者は、端末上のブラウザソフトから容易にネットワークの状況を確認することができる。また、アプリケーション別にネットワークの状況を把握することができる。アプリケーションの指定はXMLで定義することができ、ユーザーのネットワークの設定に応じたトラフィック計測が可能となっている。管理装置(マネージャ)を設置することにより、複数のサイトのネットワークの状況を一元的に把握することもできる。

 さらに、分析機能により、ネットワーク感染型ワームの感染活動を検出することが可能で、“アクション”機能を用いて異常を検出すると同時に、ワームの拡散を防止することができる。ウイルスパターンを利用しないためパターンファイルの更新が不要であ、未知のワームにも有効となっている。異常を検知すると、メール通知、SNMP トラップ通知、特定コマンド実行、ルーター/外部装置連携などの“アクション”を実施することもできる。“アクション”機能により、異常発生時のみ状況を確認するだけでよく、SNMPマネージャやルーターと連携することにより、自動対処を実現することも可能となっている。価格は、プローブ装置スタンダードモデルが105万円から、プローブ装置ハイエンドモデルが315万円から、マネージャ装置(両モデル共通)が315万円からとなっている。

 なお同社は、個人情報配送ソリューション「eすぷりっと便」も、11月より出荷する。同ソリューションは、個人情報を“秘密分散法”(電子割符)により分割/暗号化し、異なる経路で相手先企業へ配送することで、安全/確実な情報配送を実現するソリューション。価格は、50ユーザーからの使用が250万円から(エントリモデルの場合)、100ユーザーからの使用が650万円から(スタンダードモデルの場合)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008538


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ