事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用


掲載日:2004/11/10


News

 アダムネット株式会社は、楽天証券株式会社のWeb上における顧客サポートを強化するソリューションとして、アダムネットが国内総代理店を務める米RightNow Technologies社の製品「RightNow eService Center」を採用したと、発表した。なお、楽天証券株式会社への「RightNow eService Center」販売および導入は、NTTコミュニケーションズ株式会社が行なった。

 楽天証券では従来、Web上に複数の情報提供ページに加え、証券取引に関する用語集をコンテンツとして提供していた。ユーザーの利便性の向上や、コンテンツ管理/メンテナンス作業効率化の観点から、複数のWeb上のナレッジ提供ツールを比較検討した結果、ナレッジの検索性、ナレッジ作成作業の容易さ、ユーザーの検索傾向に応じて自動的に表示するナレッジを変更する“自動メンテナンス機能”などに着目し、「RightNow eService Center」を選択した。

 「RightNow eService Center」は、ホームページ上の“よくあるお問い合わせ”ページを、手間をかけずに容易に更新することができる。また、プロダクト/カテゴリ別に、各商品の問い合わせを一覧表示できるなど、ユーザーが知りたい回答を迅速に見つけるさまざまな工夫がされており、インターネット上で24時間ユーザーサポートを、効率的に行なうことが可能になる。さらに、日本語/中国語を含む17言語に対応しており、複数の地域を対象に事業を行なう企業に対して、共通のナレッジ管理/カスタマーサポートプラットフォームを提供することができる。

 楽天証券は、ユーザーによる自己解決の促進を目的として、2004年10月にWebサイトの全面リニューアルを行なっており、今回の「RightNow eService Center」の採用は、リニューアルによる利便性向上を補完するものとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【KDDI】 Oracle Service Cloud 【日本オラクル】
CRM CRM CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 Webサイト、メール、ソーシャル、コールセンターの様々なチャネル(顧客接点)におけるカスタマー・サポートを提供するクロスチャネル型クラウドソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008532


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ