事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用


掲載日:2004/11/10


News

 アダムネット株式会社は、楽天証券株式会社のWeb上における顧客サポートを強化するソリューションとして、アダムネットが国内総代理店を務める米RightNow Technologies社の製品「RightNow eService Center」を採用したと、発表した。なお、楽天証券株式会社への「RightNow eService Center」販売および導入は、NTTコミュニケーションズ株式会社が行なった。

 楽天証券では従来、Web上に複数の情報提供ページに加え、証券取引に関する用語集をコンテンツとして提供していた。ユーザーの利便性の向上や、コンテンツ管理/メンテナンス作業効率化の観点から、複数のWeb上のナレッジ提供ツールを比較検討した結果、ナレッジの検索性、ナレッジ作成作業の容易さ、ユーザーの検索傾向に応じて自動的に表示するナレッジを変更する“自動メンテナンス機能”などに着目し、「RightNow eService Center」を選択した。

 「RightNow eService Center」は、ホームページ上の“よくあるお問い合わせ”ページを、手間をかけずに容易に更新することができる。また、プロダクト/カテゴリ別に、各商品の問い合わせを一覧表示できるなど、ユーザーが知りたい回答を迅速に見つけるさまざまな工夫がされており、インターネット上で24時間ユーザーサポートを、効率的に行なうことが可能になる。さらに、日本語/中国語を含む17言語に対応しており、複数の地域を対象に事業を行なう企業に対して、共通のナレッジ管理/カスタマーサポートプラットフォームを提供することができる。

 楽天証券は、ユーザーによる自己解決の促進を目的として、2004年10月にWebサイトの全面リニューアルを行なっており、今回の「RightNow eService Center」の採用は、リニューアルによる利便性向上を補完するものとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008532


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ