事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●楽天証券が顧客サポート強化のため「RightNow eService Center」を採用


掲載日:2004/11/10


News

 アダムネット株式会社は、楽天証券株式会社のWeb上における顧客サポートを強化するソリューションとして、アダムネットが国内総代理店を務める米RightNow Technologies社の製品「RightNow eService Center」を採用したと、発表した。なお、楽天証券株式会社への「RightNow eService Center」販売および導入は、NTTコミュニケーションズ株式会社が行なった。

 楽天証券では従来、Web上に複数の情報提供ページに加え、証券取引に関する用語集をコンテンツとして提供していた。ユーザーの利便性の向上や、コンテンツ管理/メンテナンス作業効率化の観点から、複数のWeb上のナレッジ提供ツールを比較検討した結果、ナレッジの検索性、ナレッジ作成作業の容易さ、ユーザーの検索傾向に応じて自動的に表示するナレッジを変更する“自動メンテナンス機能”などに着目し、「RightNow eService Center」を選択した。

 「RightNow eService Center」は、ホームページ上の“よくあるお問い合わせ”ページを、手間をかけずに容易に更新することができる。また、プロダクト/カテゴリ別に、各商品の問い合わせを一覧表示できるなど、ユーザーが知りたい回答を迅速に見つけるさまざまな工夫がされており、インターネット上で24時間ユーザーサポートを、効率的に行なうことが可能になる。さらに、日本語/中国語を含む17言語に対応しており、複数の地域を対象に事業を行なう企業に対して、共通のナレッジ管理/カスタマーサポートプラットフォームを提供することができる。

 楽天証券は、ユーザーによる自己解決の促進を目的として、2004年10月にWebサイトの全面リニューアルを行なっており、今回の「RightNow eService Center」の採用は、リニューアルによる利便性向上を補完するものとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008532


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ