事例●NECなど、ジーエス・ユアサの東京本社ビルにIP電話システムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●NECなど、ジーエス・ユアサの東京本社ビルにIP電話システムを導入


掲載日:2004/11/09


News

 日本電気株式会社と日本電気システム建設株式会社は、株式会社ジーエス・ユアサコーポレーションの東京本社ビルに、NECのSIP対応IPテレフォニーサーバー「UNIVERGE SV7000」を活用した300台規模のIP電話システムを導入したと、発表した。併せて、グループ企業を含む全国13拠点をIP-VPNで結んだ新ネットワーク基盤も、導入した。新ネットワーク基盤では、24時間365日の運用監視を行なうNECのサービス「ActWatch」を活用している。

 ジーエス・ユアサコーポレーションは、2004年4月に株式会社ユアサコーポレーションと日本電池株式会社が統合して設立された。自動車電池や産業用大型電池、電源システムなどの製造/販売を行なうグループ企業全体の経営戦略を策定/統括することで、グループ全体の企業価値の最大化に取り組んでいる。今回のIP電話システムおよび新ネットワーク基盤は、こうした取り組みを支える基盤システムの1つに位置づけられる。IP電話機をLANコネクタに接続するだけで利用でき、電話の移設/増設工数を削減することができるほか、人事異動や組織変更などに伴うシステムの設定変更を一元的に実施できるなど、システム運用管理の効率化が可能となり、通信関連のTCO削減を実現することができる。

 また、内線番号の“一人一番号制”や拠点を移動しても“いつでもどこでも働ける環境”などを実現する「UNIVERGE FOMA連携ソリューション」、電話/電子メール/音声メールなどの統合利用を可能とし、出張先や外出先でも自席に電話がかかってきたことを電子メールで確認できる「ユニファイドコミュニケーション」、相手の現在の状況(プレゼンス情報)や、用件の緊急度などに応じて、電話/音声メッセージ/電子メールなどの適した手段を選択してコミュニケーションを実現する「プレゼンスサーバ」といったシステム強化を検討している。

 さらに、今回のシステム導入にあたって、既存の電話システムの切り替えを含めて、ネットワークの設計から、「UNIVERGE SV7000」の導入などのシステム構築、IP電話端末の設置、東京本社ビルなど各拠点での現地調整作業までを、NECシステム建設が総合的に対応している。「ActWatch」を活用した24時間365日の運用監視や、全国規模の顧客サポート網に基づいた保守サービスの提供などにより、信頼性の高いネットワークの構築/運用を実現している。なお今後は、拠点間のデータ通信と音声通話を段階的にIPで統合するほか、東京本社ビルで音声通話を集中制御する“IPセントレックス方式”を採用して、IP電話システムの全社展開を進めていく計画。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008527


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ