事例●日産自動車などがドリーム・アーツの協業系業務ソリューションを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●日産自動車などがドリーム・アーツの協業系業務ソリューションを導入


掲載日:2004/11/09


News

 株式会社ドリーム・アーツは、協業系業務ソリューションパッケージシリーズ「DreamArts Co-Innovation Suiteひびき」を、発売した。また、日産自動車株式会社マーケティング本部、株式会社日立製作所オートモティブシステムグループ第3事業本部が、営業/マーケティング/製造現場の協業支援ツールとして同ソリューションパッケージを導入したと、発表した。

 「ひびき」には、リアルタイム営業活動支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE SALES」、現場型プロジェクト推進支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE PROJECT」、多店舗展開支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE STORE」、チームエデュケーション支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE EDUCATION」、販売促進支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE MERCHANDISING」が用意されている。

 協業系業務支援ソリューションとしての機能に加え、ノンプログラミングEIPや、シングルサインオンなどの機能によるEIP機能、エンタープライズレベルでの利用を想定したグループウエアのほか、セキュリティ、ナレッジマネジメントなどのさまざまな機能を搭載したポータル構築ソフトウエア「INSUITE」を基盤としている。

 日産自動車では、多様化する顧客のニーズに向けて“お客さま視点でのエリアマーケティング”実現を目指し、販売店と直接やり取りを行なう“AMM”(エリアマーケティングマネージャ)と、マーケティング本部との情報共有を迅速かつ正確に行なうためのマーケティング業務支援ツールとして、導入済みの「INSUITE」を基盤とした販売促進支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE MERCHANDISING」を採用し、運用を開始した。

 日立製作所オートモティブシステムグループでは、品質の向上とコスト削減の必要性に加え、多様化する顧客のニーズに対応するための抜本的な業務革新に向け、管理業務の情報共有インフラとして「INSUITE」を導入/運用してきた。同社では、製造現場での業務革新に向けて、現場型プロジェクト推進支援ツール「ひびきCO-INNOVATIVE PROJECT」を採用/導入した。

 両社は、現場での協業に主眼をおいた革新的コンセプト、業務変化の速度に合わせて迅速な導入/変更が可能な即時性、社外からも活用できる堅牢なセキュリティ、カスタマイズなどで柔軟に機能を追加できる拡張性、多言語/国際時差にも対応する国際時差対応などを評価して、「ひびき」を採用した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20008520


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ