IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat

AIを活用したアンチウイルス搭載、内部不正と外部脅威に対応

IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。
<おすすめユーザー> マルウェア対策、内部情報漏えい対策、IT資産管理を検討している企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

LanScope Catカタログ Ver.8.4.1.0(14.7MB)
2017年4月26日にリリースされたVer.8.4.1.0の情報を掲載した製品カタログです。機能や特長などの製品情報を掲載しています。
LanScope Cat導入事例【イー・ガーディアン株式会社】(4.5MB)
「統合ネットセキュリティ企業」を目指すイー・ガーディアンにおける導入事例です。担当者のインタビューから導入の経緯を解説します。
LanScope Cat導入事例【株式会社沖縄銀行】(1.6MB)
金融機関ならではのセキュアなインフラ作りに取り組んでいる沖縄銀行の導入事例です。プロテクトキャットを導入した決め手と効果をお話いただきました。
LanScope Cat マイナンバー対策(1.1MB)
LanScope Catで実現するマイナンバー対策を紹介しています。
WannaCryを事前に防ぐことはできるのか?(1.2MB)
99.7%の防御力で、世界を突然襲ったランサムウェア「WannaCry」を未然に防ぐ。 WannaCryの概要とLanScope Catの特長を紹介します。
個人情報保護法の改正箇所とその対策方法(1.2MB)
十数年ぶりに改正される個人情報保護法。企業が押さえるべき改正ポイントとその対策方法を紹介します。

AIを活用したアンチウイルス搭載、内部不正と外部脅威に対応

LanScopeシリーズは国内導入実績10,000社※1を突破。また、IT資産/PC構成管理ソフトウェア部門で12年連続シェアNo.1※2となるほか、顧客満足度No.1※3など統合運用管理ソフトとして数々の賞を受賞している。
【※1】自社調べ
【※2】富士キメラ総研「2016 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野(2015年度)
【※3】中小企業向けセキュリティアワード2015「今後も利用し続けたいIT資産管理製品 第1位」「誰かにすすめたいIT資産管理製品 第1位」

【最新バージョン情報】
■マルウェア対策強化
 インターネット非接続環境でも99.7%※4の防御率を実現し、
 マルウェア検知・隔離状況の収集と把握が可能
 インターネット非接続環境のPCで、マルウェアを検知・自動隔離した際のログを、サーバで集中管理し閲覧・確認が可能。また、インターネット非接続環境のPCで、マルウェアを検知・自動隔離した際に、リアルタイムに管理者にメール通知が可能。
【※4】2016年1月 ドイツに拠点を置くセキュリティ製品の性能検証を行う第三者機関「AV-TEST」にて評価

■アプリケーション管理強化
 アプリの脆弱性管理に必要なインストールアプリのバージョン情報を取得
「アプリケーションの追加と削除」や「プログラムと機能」などで表示されるアプリのバージョン情報を収集し、一覧で表示。
 また、 各アプリのアンインストール時に実行されるコマンドを取得し、コマンドからアンインストールバッチを作成し、配布・実行することが可能。

■Webコンソール強化
 社内のセキュリティ状態を数値化したレポートで、誰でも同じ判断が可能
 環境・効率・行動の3カテゴリーでログ数とアラーム数を集計し、全社や部署ごとの正常率を数値化。アラームが多い部署やPCをランキングで表示。

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー エムオーテックス
クライアント側OS 【Windows】
 Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 /
 Server 2003 / 2003 R2 / 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 / 2016
【Mac】
 Mac OS X Tiger v10.4.11以降
 Mac OS X Snow Leopard 〜OS X El Capitan
 macOS Sierra
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ※ マネジャーのハードウェア環境は、クライアント数100台までの推奨環境です。管理する台数や収集するログにより推奨環境が異なります。
※ マネジャーサーバは、同一OS内に他システムと共存させることも可能ですが、専用ハードウェアをご用意いただくことを推奨しています。共存させる場合、問題発生時の切り分けなど、サーバの分離をお願いする場合があります。
※ データベースは本製品に付属の製品、もしくはお持ちのMicrosoft SQL Serverライセンスが利用できます。
※ 500台以上をクラウド環境で管理する場合、本製品に付属のSQL Server(Standard Edition)は利用できません。
※ 同居ソフトウェアの使用状況により必要となるシステム要件が変更になる場合があります。
※ MR(PC 監視エージェント)は日本語・英語・中国語(簡体字)の海外 OS に対応しています。
※ 対応OS についての詳細は、エムオーテックス社 Web サイト公開の OS 対応表をご覧ください。
クライアント側その他動作環境 【仮想化環境対応】
 ・VMware:Horizon / Horizon Air / Horizon 6.2/7 RDSH
 ・Citrix:XenDesktop / XenApp
 ・Microsoft:Remote Desktop Service
 ・NEC:VirtualPCCenter
 ・Amazon:Amazon Workspaces
サーバ側OS 【Windows】
 Server 2008 / Server 2008 R2 / Server 2012 / Server 2012 R2 / Server 2016
サーバ側対応プロセッサ 2.0GHz相当以上
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上 ※推奨環境100台環境の場合
サーバ側必要ディスク容量 150GB以上
サーバ側その他動作環境 【仮想化環境対応】
 ・VMware:ESX / ESXi
 ・Microsoft:Hyper-V / Microsoft Azure
 ・Amazon:Amazon EC2
【データベース】
 SQL Server 2005 / 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2014
【Webコンソール】
 Silverlight 5のインストールが必要

価格情報

パック1000(ログ・資産・Webアクセス制御・デバイス制御)10ライセンス:39万6000円(税別、保守費別)〜
※詳細は要問い合わせ

掲載企業

エムオーテックス株式会社
URL:http://www.motex.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

LanScope Catカタログ Ver.8.4.1.0(14.7MB)
2017年4月26日にリリースされたVer.8.4.1.0の情報を掲載した製品カタログです。機能や特長などの製品情報を掲載しています。
LanScope Cat導入事例【イー・ガーディアン株式会社】(4.5MB)
「統合ネットセキュリティ企業」を目指すイー・ガーディアンにおける導入事例です。担当者のインタビューから導入の経緯を解説します。
LanScope Cat導入事例【株式会社沖縄銀行】(1.6MB)
金融機関ならではのセキュアなインフラ作りに取り組んでいる沖縄銀行の導入事例です。プロテクトキャットを導入した決め手と効果をお話いただきました。
LanScope Cat マイナンバー対策(1.1MB)
LanScope Catで実現するマイナンバー対策を紹介しています。
WannaCryを事前に防ぐことはできるのか?(1.2MB)
99.7%の防御力で、世界を突然襲ったランサムウェア「WannaCry」を未然に防ぐ。 WannaCryの概要とLanScope Catの特長を紹介します。
個人情報保護法の改正箇所とその対策方法(1.2MB)
十数年ぶりに改正される個人情報保護法。企業が押さえるべき改正ポイントとその対策方法を紹介します。