製品資料

ヴイエムウェア株式会社

ヴイエムウェア株式会社

Office 365への効率的な移行のポイント、認証の簡素化と強化をどう両立する?

Office 365への効率的かつ安全な移行を実現するためには、ID管理の複雑さやモバイル利用時のセキュリティの懸念を乗り越えなくてはならない。そこで有効なのが、ID管理/アプリケーション配布/EMMの機能を統合したプラットフォームだ。

要約

 Microsoft Exchangeの拡張性が限界を迎えた昨今、コスト削減や生産性向上を目的に、多くの企業がOffice 365への移行を進めている。だがOffice 365では、Azure Active Directoryアカウントが必要となるためID管理が複雑化するほか、Officeアプリケーションのモバイル利用によるセキュリティ懸念の増加など、移行に関する課題は少なくない。

 こうした課題を解決するのが、ID管理/アプリケーション配布/EMMを統合したプラットフォームだ。Active Directoryなど既存のオンプレミスID管理機能と同期することで、あらゆるアプリケーションに対してシングルサインオン(SSO)を実現する。また、Office 365 APIとの連携により、電子メールへのアクセス制御をはじめ登録済みデバイスのセキュアな認証も効率化できる。

 さらにアプリケーションのコンテナ化によりデータを保護し、情報漏えいを防ぐ効果も高い。Office 365への効率的かつ安全な移行に欠かせないこうした統合プラットフォームの実力を、本コンテンツで詳しく見ていこう。

アンケート