事例

ARアドバンストテクノロジ株式会社

ARアドバンストテクノロジ株式会社

ストレージの可視化・分析 人材サービス企業が得た低コストで効率的な秘策とは

大量の業務データを分析し、更新頻度の低いデータの移行や削除でストレージ の無計画な追加も不要に。「ZiDOMA data」ならこの悩みを解決できる。 オンプレミスからクラウドへの移行をスマートに実現した事例を紹介する。

要約

ストレージの可視化・分析 人材サービス企業が得た低コストで効率的な秘策とは

 一般的な企業のファイルサーバ内の8割が“不要なデータ”といわれているが、いざ業務データの取捨選択をしようとすると難しい。結果、データファイルは日々増え続け、ストレージは慢性的な容量不足となり、ストレージ追加を繰り返すという無限連鎖も起きやすい。

 総合人材サービスを扱うパーソルホールディングス(旧 テンプホールディングス)では、ファイルサーバをオンプレミスからクラウドに移行することを決めたが、自社データは80TBと膨大で、効率のいい移行方法の確立が必要だった。

 結果、同社はファイルサーバ分析&移行ソリューション「ZiDOMA data」の導入を決定。データ移行の取り組みはまだ始まったばかりだが、データの確かな取捨選択ができる同製品を利用しはじめてから、すでにいくつもの効率化・最適化のプランが生まれているという。本資料で具体的なメリットと活用方法を知ることができる。

アンケート