「ZIDOMA 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「ZIDOMA 価格」 に近い情報
「ZI」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ZIDOMA 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ZI」に関するIT製品情報

LozioMAF  2016/01/01


ZEKKO

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ分析ソリューション | ビッグデータ | DWH | その他データ分析関連

製品概要  ビッグデータ/IoTの様々な構造化・半構造化・非構造化データを仮想化により統合。課題解決のための仮説・検証プロセスを効率化、データディスカバリー型データ分析を支援。

オススメユーザー  データ指向経営を実践し経営の活性化を図りたい企業。製造(調達→生産→物流)のリードタイム短縮を図りたい企業及び現場部門。


メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert  2016/10/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5〜50ユーザライセンス単価例 (初年度サポート料込み、税別): エンタープライズ版 :2800円 スタンダード版 :2500円

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。

オススメユーザー  業務効率を落とすことなくメール誤送信対策を講じたい企業。Office 365への移行にともない、Outlookの誤送信対策が必要な企業。


クラウド型メールサービス「OneOffice メールソリューション」  2014/10/15


TOKAIコミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 OneOffice SPAM Filtering 1アカウントあたり月額150円(税別)など

カテゴリ  電子メール | メールアーカイブ | UTM | 認証 | アンチウイルス

製品概要  アクセス元制限、添付ファイルZIPパスワード化・WEBダウンロード化、メールアーカイブ、ウィルス・スパム対策、スマートフォン対応のWEBメール等の企業向けメールサービス

オススメユーザー  メールシステムの運用に課題を抱えている企業。メール情報管理の強化やスパム対策が急務だが、コストがかけられない企業。


仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector  2016/12/01


ネットジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Virtual Edition:19万8000円(税別、1ライセンス)※1年間のサポートサービス費含む

カテゴリ  バックアップツール | サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | IT資産管理 | サーバー管理

製品概要  稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

オススメユーザー  サーバーのバックアップに要する容量を削減しながら、簡単、安全、安価にバックアップ/リカバリできるツールを探している企業。


「ZI」に関するセミナー情報


カテゴリ  オープンソース | Linux | ストレージ仮想化 | IaaS/PaaS


「ZI」に関する特集



ボタン電池で1年持つ、超・低消費電力の次世代無線技術「ZigBee」。TV、パソコン、冷蔵庫などの家電が無線でつながる時代がやってきました。BluetoothやUWBと比較しながら、省電力・低コストのZigBeeを5分で解説!


カテゴリ  無線LAN |




 2012年9月20日、情報処理推進寄稿(IPA)では、未知の脆弱性などの検出を目的としたセキュリティテスト「ファジング(英名:Fuzzing)」に関するレポートを公開した。このレポートは、ファジングの有効性の実証及び普及の促進を目的とした「脆弱性検出の普及活動」の実績をもとにまとめたものだ。 今月の連載(計4回)は、このレポートをもとに「大まかなファジングの実践方法、及び特におさえておきたいポイント」を紹介する。2012年6月号のセキュリティWatchersでもファジングを取り上げたが、今回はその連載よりも実践的なものとお考えいただきたい。 本題に入るまえに、まずファジングとはどんなものかを簡単におさらいして、製品開発においてファジングを実施してほしいという思い(「脆弱性検出の普及活動」の目的)を伝えたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とした「ファジング」による脆弱性検出の有効性の実証結果を公開した。2011年12月から2012年2月の間にブロードバンドルータ6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種で合計6件の脆弱性を検出した、といった内容を紹介している。読者の皆様は、「ファジング」という技術をご存じだろうか。 「ファジング(Fuzzing)」とは、ソフトウェア製品などに何万種類もの問題を起こしそうなデータ(例:極端に長い文字列)を送り込み、ソフトウェア製品の動作状態(例:製品が異常終了する)から脆弱性を発見する技術である。 ファジングのイメージが図1となる。図1では「問題を起こしそうなデータ」を1つ送るたびに対象ソフトウェア製品が応答することを確認している。「問題を起こしそうなデータ(1)、(2)」と順番に送り、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで対象ソフトウェア製品から応答がなくなってしまった。対象ソフトウェア製品のこの挙動を異常とみなすと、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで「脆弱性を発見!」となるわけだ。ファジングとは、対象ソフトウェア製品に問題を起こしそうなデータを片っ端から送ってみて、力ずくで脆弱性を発見する技術と言える。


カテゴリ  セキュリティ診断 |


「ZI」に関するニュース



 Vuzix Corporation(Vuzix)は、Sensory社と、「M300スマートグラス」に省電力音声認識技術“TrulyHandsfree”を搭載する。音声認識/ナビゲーション/コントロールの向上を図れ、倉庫/作業現場/遠隔作業などの効率化を支援する。音声による操作オペレーションは組み込まれたspeaker IDとディープラーニング技術…


カテゴリ  その他スマートデバイス関連 | その他情報システム関連




 日本システムウエア(NSW)は、社内外の業務システムやクラウドサービスで管理する複数のID情報の統合とシングルサインオンを可能にするクラウド型統合認証基盤サービス「NSW-BizIAM」の提供を開始した。NSW-BizIAMは、エクスジェン・ネットワークスのID統合管理システム「Cloud Identity Manager」と、アイピーキ…


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン




 イーゾテックは、既存のICカードやスマートフォンで打刻できるタイムレコーダー「GOZIC」の提供を開始した。タイムレコーダーと勤怠管理システムを1台のコンピュータに内蔵し、労働時間計算から従業員の動向のモニタリングまで行えるのが特長だ。GOZICでは、従業員が所持するICカード(SuicaやICOCA、nanacoなど)…


カテゴリ  勤怠管理システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ZIDOMA 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ