「XA連携」から探す!IT製品・セミナー情報

「XA連携」 に近い情報
「XA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「XA連携」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「XA」に関するIT製品情報

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor  2017/12/01


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Netwrix Auditor for Windows File Servers ×1ライセンス=1200円〜※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | サーバー管理 | 統合運用管理

製品概要  ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。

オススメユーザー  情報漏えい対策、IT監査、特権ID監査、PCI DSS、コンプライアンスの強化が課題の企業。


RightNow CX  2012/07/01


日本オラクル

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  CRM | サービスデスク | CGM | その他WEB構築関連

製品概要  顧客の問題自己解決率を高め、問い合わせコストを削減し、オペレータの業務支援をするマルチ・チャネル/デバイス対応クラウド型問い合わせ管理スイート。

オススメユーザー  問い合わせ管理システムの導入を検討中の企業。問い合わせコストを削減し、VOCなどのナレッジを他部署と共有したい企業。


CT-MAX  2012/08/01


エナジーパートナー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  コールセンター/CTI | CRM | サービスデスク | 統合ログ管理

製品概要  事業規模を問わず、インバウンド/アウトバウンド業務の効率化を支援するクラウド型CTIシステム。通話の録音機能など充実の運用・管理機能をオールインワンで導入できる。

オススメユーザー  電話業務を効率化したい、コールセンタを構築したい、IP電話や在宅オペレータによる電話業務を導入したい企業。


Hexa  2014/09/01


クラウド・スコープ・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワーク管理 | アクセスポイント | その他ネットワーク関連 | IP-VPN | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  パスを可視化して視覚的な管理・監視・分析を実現するMPLSネットワーク監視ソリューション。リアルタイムなパスイベントの監視や原因と影響範囲の特定などが行える。

オススメユーザー  MPLSネットワークの管理・監視・分析を効率化・省力化したい企業やネットワークサービスプロバイダ、データセンタ事業者。


ワークフローEX  2014/11/15


ナルボ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額3万4000円/50名(税抜き・保守費用込み)〜

カテゴリ  ワークフロー | 帳票管理システム | その他基幹系システム関連 | 暗号化

製品概要  Excel文書を使用し、申請・稟議業務を電子化するワークフローシステム。申請・稟議にかぎらず、様々な業務をワークフローに載せられる。電子捺印やデータ連携機能も装備。

オススメユーザー  ExcelやWordの稟議文書を活用して、ワークフローシステムを構築したい企業。稟議文書のやりとりを効率化したい企業。


「XA」に関する特集



Asterisk(アスタリスク)とは、内線電話網を構築できるOSSのIP-PBXアプリ。閉鎖的だった通信業界にもオープン化の波が!


カテゴリ  IP-PBX |




データが財産となった現代においては、宇宙に関係のない企業が、宇宙からのデータを解析し、新しい視点から付加価値を付けるというビジネスモデルを展開しつつある。本稿では、その事例を紹介する。


カテゴリ  その他データ分析関連 | ビッグデータ




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「XA」に関するニュース



 アシストは12月6日、日本オラクルのデータベース専用機「Oracle Exadata Database Machine」の最新モデル「X7-2」に対応した各種支援サービスの提供を開始した。将来的なクラウド移行を視野に入れたデータベース集約を支援する。Oracle Exadata Database Machineは、業界標準のPCサーバとストレージ、InfiniBandス…


カテゴリ  データベースソフト | 運用系業務アウトソーシング




 グレープシティは、業務アプリケーション開発に利用できるコンポーネントを多数収録するスイート製品「ComponentOne Studio」の新バージョン「2017J v2」を7月26日にリリースした。今回の新バージョンでは、クロスプラットフォーム開発を行える、Microsoftの技術「Xamarin」で利用できるユーザーインタフェース(UI…


カテゴリ  開発ツール | その他スマートデバイス関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「XA連携」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ