「WINDOWS10 SHARE 流出」から探す!IT製品・セミナー情報

「WINDOWS10 SHARE 流出」 に近い情報
「SHARE 流出」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WINDOWS10 SHARE 流出」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説Windows(ウインドウズ)とは?

マイクロソフトが提供しているオペレーティングシステムのシリーズ名で、サーバーOSは「Windows Server」シリーズとして提供されている。コンシューマ向けOS「Windows」シリーズと同じ操作感を提供するので、「Windows」に慣れていれば比較的容易に操作できる。

「SHARE 流出」に関するIT製品情報

ペーパーレス役員会議システム ConforMeeting/e  2016/11/01


NEC

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 標準ライセンス 350万円〜 (10ユーザ同時接続)iPad限定ライセンス 180万円〜 (10ユーザ同時接続)※価格はすべて税別

カテゴリ  ファイル共有 | その他情報システム関連 | 文書管理

製品概要  役員会議など秘匿性の高い会議資料をペーパーレス化し会議の効率化及び質の向上を実現。Windows、Android、iOSのマルチOSに対応し資料閲覧や手書きメモを画面上で行える。

オススメユーザー  ペーパーレス化で会議を効率化したい企業。資料流出を防ぎ、セキュアに会議を運用したい企業。会議運用のTCOを削減したい企業。


「SHARE 流出」に関する特集



 数々あるサイバー犯罪の中でも、日本独特ともいえるものがいくつか存在する。先月の記事では、その中でも有名かつ一般ユーザへの被害が最も多いと予想されるワンクリック詐欺について紹介した。今月は日本独特のサイバー攻撃というつながりで、WinnyやShare等といったP2Pファイル共有ソフトの利用者を標的としたマルウェアについて解説を行う。 まず、P2Pファイル共有ソフトとは、その名前の通り、Peer-to-Peerネットワークを利用して、ファイルやデータを共有するためのソフトである。特徴としては、クライアント間の通信にピュアP2P方式を利用しているため、サーバクライアント方式とは違いネットワーク障害に非常に強く、アップロードされたデータはバケツリレー方式で次々とクライアント間で共有される。この仕様から、一度P2Pファイル共有ソフトのネットワークに流出したデータを回収することは、ほぼ不可能に近いと言える。更に、P2Pファイル共有ソフトのほとんどが暗号化技術によってある程度の匿名性が確保されている。この技術が悪用されて違法ファイル(著作権に関連する音楽ファイルや動画ファイル等)のアップロード、ダウンロードが行われてきた。こういった特徴を利用したマルウェアがP2Pファイル共有ソフトのネットワーク上には多数存在している。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WINDOWS10 SHARE 流出」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ