「WINDOWS 脆弱性」から探す!IT製品・セミナー情報

「WINDOWS 脆弱性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WINDOWS 脆弱性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説Windows(ウインドウズ)とは?

マイクロソフトが提供しているオペレーティングシステムのシリーズ名で、サーバーOSは「Windows Server」シリーズとして提供されている。コンシューマ向けOS「Windows」シリーズと同じ操作感を提供するので、「Windows」に慣れていれば比較的容易に操作できる。

「WINDOWS 脆弱性」に関するIT製品情報

クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central  2016/05/20


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間13万円〜※税別

カテゴリ  IT資産管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。

オススメユーザー  OSやアプリケーションの脆弱性対策や、USBからの情報漏洩を、多大なコストをかけることなく防ぎたい企業。


「WINDOWS 脆弱性」に関する特集



来年に迫るWindows Server 2003のサポート切れ。いまだに発見され続ける脆弱性に見る“セキュリティリスク”と対策を考えます!


カテゴリ  Windows | サーバー仮想化




 Windows XPのサポート終了が2014年4月9日に迫っています。サポート終了後は、OSの脆弱性が発見されたとしても修正パッチがリリースされることはなくなるため、極めて危険な状態に晒されることになります。サポート終了したからといって、そうそう脆弱性が攻撃されることは無いと思われるかも知れませんが、過去の例で言うと、2010年7月13日にWindows XP SP2のサポートが終了した際には、そのわずか2日後にWindows XP SP2も影響を受ける「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2286198)」のゼロデイ攻撃を行うマルウェア“Stuxnet”が出現しています。 脆弱性攻撃を行うマルウェアは今日では極めて一般的で、エフセキュアセキュリティ研究所の調査では、コンピュータウイルスのTOP10の攻撃総数のうち、およそ83%は脆弱性を利用したものでした。Windows XPのサポート終了後は、普通のアンチウイルスソフトを導入しているだけでは、こうした攻撃からコンピュータを守るのには不十分と言えます。我々セキュリティベンダとしては、こういった点を踏まえ、サポート終了までにサポートされているOSへ移行することを強く推奨しますが、アプリケーションの互換性やコストの問題などで難しい状況にある方も多いとは理解しています。エフセキュアでもデスクトップ向け製品では2016年6月30日まで、Windows XPのサポートを延長することを決定しました。 では、サポート終了後になるべく安全にWindows XPを使用するにはどうすれば良いでしょうか。考えられる対策としては以下のものなどがあります。それぞれ色々なソフトやアプライアンス等で実現可能ですが、エフセキュアでも可能な製品をリリースしています。


カテゴリ  アンチウイルス | ファイアウォール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WINDOWS 脆弱性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ