「WEVDAV ファイルアップロード ソフトウェア製品」から探す!IT製品・セミナー情報

「WEVDAV ファイルアップロード ソフトウェア製品」 に近い情報
「ソフトウェア製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WEVDAV ファイルアップロード ソフトウェア製品」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ソフトウェア製品」に関するIT製品情報

LOG@Adapter(ログアダプタ)  2017/06/15


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


全文検索・情報活用システム QuickSolution 10  2017/11/15


住友電工情報システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 150万円〜(税別)

カテゴリ  データ検索ソフト |

製品概要  50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。

オススメユーザー  企業内のデータを検索/活用/情報共有したいECサイトの検索機能を改善したいソフトウェア製品に全文検索エンジンを組み込みたい


多要素認証基盤「IceWall MFA」  2017/06/09


日本ヒューレット・パッカード

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

オススメユーザー  働き方改革やテレワークのセキュリティ強化、マイナンバーなどの機密情報への認証強化を図りたい企業や自治体、教育機関など。


「ソフトウェア製品」に関するセミナー情報

BPMソフトってワークフロー、業務パッケージと何がちがうの?

アシストマイクロ


開催日

 11月6日(月),11月20日(月),12月4日(月),12月18日(月)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  BPM | ワークフロー

概要  「業務を管理するシステム」と聞いたとき、皆さんはどんなソフトウェア製品をイメージされますか?申請業務をペーパーレスにしたり進捗状況がわかるようになるワークフロー…

オススメユーザー  全社スタッフ|経営者CIO|情報システム部の統括


「ソフトウェア製品」に関する特集



 本連載の第3回である本記事では、「ソフトウェア製品開発のどの工程でファジングを活用できるのか」をお伝えしていきたい。


カテゴリ  セキュリティ診断 |




  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とした「ファジング」による脆弱性検出の有効性の実証結果を公開した。2011年12月から2012年2月の間にブロードバンドルータ6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種で合計6件の脆弱性を検出した、といった内容を紹介している。読者の皆様は、「ファジング」という技術をご存じだろうか。 「ファジング(Fuzzing)」とは、ソフトウェア製品などに何万種類もの問題を起こしそうなデータ(例:極端に長い文字列)を送り込み、ソフトウェア製品の動作状態(例:製品が異常終了する)から脆弱性を発見する技術である。 ファジングのイメージが図1となる。図1では「問題を起こしそうなデータ」を1つ送るたびに対象ソフトウェア製品が応答することを確認している。「問題を起こしそうなデータ(1)、(2)」と順番に送り、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで対象ソフトウェア製品から応答がなくなってしまった。対象ソフトウェア製品のこの挙動を異常とみなすと、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで「脆弱性を発見!」となるわけだ。ファジングとは、対象ソフトウェア製品に問題を起こしそうなデータを片っ端から送ってみて、力ずくで脆弱性を発見する技術と言える。


カテゴリ  セキュリティ診断 |




 近年、ソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃が増加しており、脆弱性対策を行うことが安全にソフトウェアを利用するための必須条件となってきている。しかし、一言で脆弱性対策と言っても、利用者の手間や知識不足のために適切に対策されないことが多い。IPAセキュリティセンターでは、脆弱性対策を一般の利用者が意識することなく対応できることを目的とした脆弱性対策基盤の整備を行っている。本稿では、「IPAの脆弱性対策の取組み」について3回の連載で紹介していく。第1回は、ソフトウェア製品の脆弱性を取巻く状況について説明する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WEVDAV ファイルアップロード ソフトウェア製品」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ