「WEBシステム 費用対効果」から探す!IT製品・セミナー情報

「WEBシステム 費用対効果」 に近い情報
「WEBシステム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WEBシステム 費用対効果」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「WEBシステム」に関するIT製品情報

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」  2017/03/22


ハイパーギア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 300ユーザまで:100万円ユーザ無制限:250万円※税別

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ファイル共有 | 文書管理 | PDFソフト

製品概要  Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。

オススメユーザー  Webシステム内のファイル持ち出しなどによる情報漏洩を防止したい企業。Webシステムのセキュリティを手間なく強化したい企業。


Webシステム開発ツール「dbSheetClient」  2015/03/15


ニューコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●クライアント側実行版(UL) 日本語 10CAL当たり 10万円(税別)●開発版 20万円(税別)●サーバー版 80万円(税別)

カテゴリ  開発ツール | ワークフロー | 生産管理システム | 勤怠管理システム | サーバー管理

製品概要  普段業務で使っているExcel/AccessをそのままWebシステムにレベルアップする開発ツール。予実管理や生産管理、勤怠管理システムなどの構築が低コスト・短期間で実現する。

オススメユーザー  業務効率化のためにWebシステムを導入したいが、多大なコストをかけたくない企業。短期間で、システム構築を実現したい企業。


MapFan API  2015/03/16


インクリメント・ピー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 年額48万円〜(税別)

カテゴリ  開発ツール | GPS | その他情報システム関連 | その他開発関連

製品概要  様々なWebシステムに位置情報サービスを提供する地図API/CGIサービス。高精度な地図データと豊富なデザイン、便利な各種APIを低価格で提供する。

オススメユーザー  位置情報・顧客情報の管理やエリア・商圏分析、店舗・拠点案内など、地図情報を活用して様々なWebシステムを構築したい企業。


サイボウズ リモートサービス  2015/11/15


サイボウズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●10ユーザ版初年度 10万8000円/年次年度以降 7万8000円/年●セキュアアクセスオプション 10万円/年※税別

カテゴリ  グループウェア | MDM | リモートアクセス | ワークフロー | 暗号化 | 認証

製品概要  社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

オススメユーザー  オンプレミス環境のままで、簡単・安全に外部接続環境を構築したい企業。


RSA SecurID ワンタイム・パスワード ソリューション  2013/06/01


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 25ユーザ 44万円(定価・税別)〜

カテゴリ  ワンタイムパスワード | 暗号化 | ID管理

製品概要  ワンタイム・パスワード認証とリスクベース認証でセキュリティと利便性を両立。世界2万5000ユーザの実績を持つ、企業向け認証サーバ。

オススメユーザー  仮想デスクトップ、仮想サーバ、リモートアクセス、無線LAN、Webシステム等に強固な認証基盤を導入したい企業。


「WEBシステム」に関するセミナー情報

発注者側が理解すべきCI(継続的インテグレーション)成功秘訣 締切間近

主催:コウェル/協力:オープンソース活用研究所


開催日

 6月2日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  DevOps |

概要  【Webシステムの開発において、発注者側が理解するべきポイント】本セミナーでは、WebシステムやWebサービスのオーナーが、そのシステム開発を委託する際のポイン…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


JavaScript入門講座 締切間近

ビジネスエージェント


開催日

 6月1日(木)

開催地 東京都   参加費 2万円(税込)


カテゴリ  EC | 開発言語 | CMS

概要  Webシステムの画面に動的な装飾を行うためのJavaScriptについて学習します。演習ではJavaScriptの基本文法を確認する演習を実施し、理解を深めてい…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用|情報システム部の統括


「WEBシステム」に関する特集



今回ピックアップするのはロードバランサ。ビジネスの成長に合わせてWebシステムのトラフィックも増加するが、トラフィック需要の


カテゴリ  ADC/ロードバランサ |




 AWS(Amazon Web Services/アマゾン ウェブ サービス)は、今では企業規模や業種を問わず、誰もが利用するクラウドサービスプラットフォームになりました。グローバルで鍛えられ、実績が豊富、サービスメニューも多様なことから、Webシステムはもちろん、従来ならオンプレミス構築が常識だった基幹系システムにも多用されています。 しかしながら「IT資産のオフバランス化」や「運用管理の省力化」などにばかり注目してAWSに業務システムを構築・移行していくと、特にセキュリティ面の実装がおろそかになり、気づかずに高リスクなシステムになっていることがあるのです。セキュリティ設定と運用は、オンプレミス構築システムと本質的には変わらず、ちょっとした勘違いや間違った思い込みが、情報漏洩などの思わぬ大事件に発展しないとは言えません。 そこで今回は、AWSを安全に利用するために、IT部門や業務部門の担当者が知っておくべき「落とし穴」と、そこに陥らないようにするコツを、4回連載で紹介していきたいと思います。


カテゴリ  IaaS/PaaS |


「WEBシステム」に関するニュース



 日本ヒューレット・パッカードは、多要素認証ソフトウェア「IceWall MFA Ver.4.0」を2月20日に発売する。価格は190万円(税別)〜。本ソフトウェアでは、Webシステムに対して、アプリケーションを改変せずに容易に多要素認証を装備できる。アプリケーションを改変できないクラウドサービス利用時の認証にも対応する…


カテゴリ  認証 | ワンタイムパスワード




 ロゴスウェアは、本棚システムの新バージョン「LOGOSWARE Libra V」の出荷を2月下旬に開始する。本システムは、各種のデジタルコンテンツを本棚形式に並べて閲覧できるWebシステム。今回の新バージョンでは、掲載できるコンテンツの種類を「ブック形式」「プレゼン形式」「クイズ・テスト形式」「動画形式」の4種…


カテゴリ  文書管理 |




 MODERATORは、Webシステム構築クラウドサービス「WebBoard」で、ネットショップ機能の提供を開始した。今回の新機能では、HTMLファイルを同サービスにアップロードすることで、開発不要でネットショップを構築できる。レベニューシェア型(開発の委託/受託側が互いに連係し、リスクを共有して利益を配分する契約)…


カテゴリ  EC | その他開発関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WEBシステム 費用対効果」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ