「WEBサイト ワンタイムパスワード 導入」から探す!IT製品・セミナー情報

「WEBサイト ワンタイムパスワード 導入」 に近い情報
「WEBサイト 導入」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WEBサイト ワンタイムパスワード 導入」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説OTP(ワンタイムパスワード)とは?

OTP(ワンタイムパスワード)とは、1回限りの使い捨てパスワードを用いて本人認証を行うことで、高い安全性を確保できる認証技術。桁数が多く意味のない数字・英字の羅列など、推測が難しいパスワードを用いつつ、定期的にパスワードを変更する仕組みになっている。ワンタイムパスワードの生成・表示には主にトークンが用いられるが、そのトークンの小型化や低価格化、更に携帯電話やスマートフォンを用いる方式の登場などにより、利便性が高まっている。

「WEBサイト 導入」に関するIT製品情報

SITEMANAGE  2015/06/01


シフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス 50万円プラグイン 5万円〜※税別

カテゴリ  CMS | その他WEB構築関連

製品概要  コーポレート・EC・ポータルサイトなど様々なWebサイトを構築できるパッケージソフト。80以上の豊富なプラグインから、必要な機能を選択して導入できる。

オススメユーザー  Webサイトの構築・運用において、オープンソースのCMSに限界を感じている企業。Webサイトの長期的な運用を考えている管理者。


オープンソースCMS「Drupal」導入サービス  2016/06/05


デジタルサーカス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 導入費用:70万円〜(ライセンス費用は無料)※税別

カテゴリ  CMS | オープンソース

製品概要  コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。

オススメユーザー  Webサイト構築を効率化したい企業。大規模化を見越したWebサイト構築、多言語対応のWebサイト構築を行いたい企業。


Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」  2016/02/16


ディバータ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ■SaaSプラン初期費用:4万円 / 月額費用:1万円■インストールプラン初期費用:120万円 / 年間利用料:25万円 ※すべて税別価格

カテゴリ  CMS |

製品概要  豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。

オススメユーザー  セキュリティレベルが高く、大手企業や金融機関への導入実績もある商用CMSを低コストで利用したい企業。


【PCサイトの最適化変換サービス】スマートコンバート  2013/05/01


アイスリーデザイン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:150万円〜月額利用料:ライトプラン 5万円〜スタンダードプラン/エンタープライズプラン 15万円〜※税別

カテゴリ  スマートフォン最適化 | タブレット | スマートフォン

製品概要  運用中のWebサイトを迅速にスマートフォン(タブレット)対応サイトへ変換するクラウドサービス。容易に導入でき、大規模でも安定してデザイン性の高いサイト構築が可能。

オススメユーザー  すでに運用中のPC向けWebサイトを、スマートフォンに最適化したサイトへ素早く変換したいユーザ、EC、不動産などの企業。


Web Security Suite  2012/12/01


三和コムテック

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【エントリー価格】初期費用 14万8000円(税別)月額費用 17万7000円(税別)※最大スループット100Mbps、保護対象サーバは2台まで

カテゴリ  WAF | セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連 | ネットワーク管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  Webシステムの脆弱性を発見するクラウド型脆弱性診断サービス、次世代WAFとそのメンテナンスサポートをセットで提供。

オススメユーザー  Webサイトの安全性を高めたい企業。コストや運用負荷がかかるため、Webセキュリティ対策、特にWAFの導入をあきらめていた企業。


「WEBサイト 導入」に関する特集


Watchers
CMSの導入状況  2013/08/27

全体で13.4%の企業がWEBサイトを“ほぼ毎日更新”する?IT担当者331人に聞いた「CMSの導入状況」からその利用実態が明らかに!


カテゴリ  CMS |




 前回は、Webサーバの脅威とその背景について紹介した。攻撃者の関心が自己顕示から金銭目的に移行したため、今後もWebサーバへの攻撃が予想される。第2回目の今回は、Webサイトへの新たな脅威が続々と登場する中、Webサーバの導入時にWebサイト管理者はどのような点を考慮する必要があるか紹介する。  Webサイトに関する事件(インシデント)は、日常的に発生している。ではなぜ、Webサイトに関するインシデントは起こってしまうのだろうか?Webサイトに関するインシデントが多発している現状を踏まえながら紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




うちは大丈夫だから…と思っていませんか?Webサイトに重要な情報があるなら、WAFの導入は必須です!基礎知識はこちらで確認!


カテゴリ  WAF |


「WEBサイト 導入」に関するニュース



 グルコムは、既にWebサイトを所有している中小企業を対象に、更新・集客支援をパッケージ化したサービスの提供を開始する。今回提供されるサービスでは、事前にWebサイトを調査し、ユーザーに合わせた更新・集客プランを提案する。また、更新・集客を容易化するために、ブログシステムなども導入する。初期調査・…


カテゴリ  その他WEB構築関連 |




 株式会社オロは、クラウドPSA(Professional Services Automation)「Reforma PSA」が、クレアテック株式会社に導入されたと発表した。クレアテックは、グラフィック/パンフレット/TVCM/Webサイト制作などを手がけている。同社では、自社でスクラッチ開発した“案件管理システム”の運用が定着せず、結果的に損…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他基幹系システム関連




 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービス(MSS)で、人工知能によるサイバー攻撃の検知能力を強化し、標的型サイバー攻撃やWebサイトへの攻撃などにおける未知の攻撃手法も検知できるロジックを、8月から順次導入する。今回の強化で…


カテゴリ  IDS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WEBサイト ワンタイムパスワード 導入」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ