「WEBアプリ セキュリティ対策」から探す!IT製品・セミナー情報

「WEBアプリ セキュリティ対策」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WEBアプリ セキュリティ対策」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「WEBアプリ セキュリティ対策」に関するIT製品情報

McAfee Content Security Suite  2014/03/14


マカフィー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■参考価格■McAfee Content Security suite 年額 3680円(税別)※501ユーザ時/1ユーザ当たり/1年サブスクリプション

カテゴリ  アンチウイルス |

製品概要  スパム、マルウェア対策、暗号メールなどメールセキュリティ、Webプロキシやフィルタ、高度なマルウェア対策、Webアプリケーション制御などWebセキュリティを提供。

オススメユーザー  SaaS、仮想環境、アプライアンスによるメールやWebのセキュリティ対策の導入及び見直しを検討中の企業。


「WEBアプリ セキュリティ対策」に関する特集



 前回は、アプリケーション環境とユーザのネットワーク利用についてと、従来型のセキュリティ対策の限界について解説した。今回は、Web 2.0を代表とするWebアプリケーションの脅威やリスクを整理する。


カテゴリ  ファイアウォール |




 過去に発生した情報漏えい事件の要因を探っていくと、大きく分けて2つのグループに分類されます。1つは、第2回において解説した従業員や関係者による内部からの情報漏えい、そしてもう1つが、悪意を持った外部犯による特定組織を狙った情報詐取、いわゆる「標的型サイバー攻撃」と呼ばれるものです。 第3回となる本稿では、「外部からの不正アクセスによる情報漏えい対策」という視点から、この標的型サイバー攻撃に注目し、マイナンバーの漏えいするリスクとそれを防ぐ対策について説明します。


カテゴリ  ファイルサーバ | Webアプリケーションサーバ




 World Wide Web(WWW)は、インターネット上で情報を交換し合うためのシステムだ。Webは主に2つの要素、Webサーバ(インターネット上に、テキストや動画を公開する役割を担うサーバ)とWebブラウザ(Webサーバに格納される情報にアクセスして表示するソフトウェア)によって構成されている。 Webサーバは「情報を公開する」という特質上、様々なユーザが利用できる状態になっている。もちろん攻撃者からも接続できる状態になっているため、組織のシステムの中でも、攻撃を受けやすい対象の1つといえる。 有名企業のWebサイトが改ざんされたり、Webアプリケーションが攻撃され、個人情報の漏洩に繋がることも珍しくなくなった。このような事件が発生した場合、企業のブランドイメージ低下や業務停止に繋がる可能性もあり、企業としてはWebサイトのセキュリティ対策を徹底する必要がある。 これから4週に渡り、Webサイトの改ざんや不正アクセスが起きる背景と、企業においてWebサイトのセキュリティを守るための効果的な対策について紹介したい。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WEBアプリ セキュリティ対策」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ