「WAFで回避可能なこと WEV」から探す!IT製品・セミナー情報

「WAFで回避可能なこと WEV」 に近い情報
「WAFで」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「WAFで回避可能なこと WEV」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説WAF【Web Application Firewall】とは?

WAF(Web Application Firewall)はWebアプリケーションに対する不正な通信を食い止めるためのシステム。Webアプリケーションの脆弱性を狙う既知の攻撃パターンを記憶し、不正通信を検出/ブロックするばかりでなく、正当な通信パターンも記憶して、そのパターン以外の通信はブロックする使い方ができる。攻撃パターンに照らし合わせる運用を「ブラックリスト方式」、正当な通信パターンに照らし合わせる運用を「ホワイトリスト方式」と呼ぶ。

「WAFで」に関するIT製品情報

Webフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー&クラウド」  2014/12/01


デジタルアーツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 <契約ライセンス数が5〜29の場合>年間 3300円/1ライセンス ※税別

カテゴリ  フィルタリング | MDM | データベースソフト | WAF | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  iOS/Android/Windows端末をクラウドで一元管理できるWebフィルタリングサービス。業務効率の向上、情報漏洩対策、アクセス状況の可視化などの課題を解決。

オススメユーザー  スマホからタブレット、社内のWindows PCまでクラウドで一元管理できるWebフィルタリングサービスをお探しの方。


「WAFで」に関する特集



導入が容易で、万一の場合も対処するまでの猶予時間の確保が期待できるクラウドWAFだが、万能薬ではない。「守れないこと」を理解して製品選定を行おう。


カテゴリ  WAF | ファイアウォール | その他ネットワークセキュリティ関連




 前回第3回の記事では、ウェブアプリケーションの脆弱性対策のうち、「WAFで攻撃を防ぐ」について説明した。WAFは検出パターンに基づいて「悪いもの」を判定するため、検出パターンの仕組み上、防御できない攻撃がある。また、WAFはウェブサイトと利用者間の通信を機械的に判定するため、判定エラーが生じることもある。WAFを正しく使用するために、これらをきちんと理解する必要がある。 第4回目の本記事では、WAFを正しく使用するためのポイントとして、「WAFで防御できる攻撃、防御できない攻撃」と「WAFにおける判定エラー」の2つを紹介する。なお、これら2つのポイントはWAFの技術的な側面に基づくものであるため、これまでの3回の連載に比べて、少し技術的な内容となっている。


カテゴリ  WAF |




 前回第2回の記事では、ウェブアプリケーションの脆弱性対策「ウェブアプリケーションの脆弱性をなくす」を説明した。ウェブアプリケーションの脆弱性をなくすことは重要だが、ウェブアプリケーションに脆弱性が残存してしまう場合がある。このような場合でもWeb Application Firewall(WAF)を使用することで、被害の発生を低減できる。  第3回目の本記事では、ウェブアプリケーションの脆弱性をなくせないケースを2つ紹介した後、WAFについて説明する。WAFの詳細について知りたい場合は、IPAが無償で公開している「Web Application Firewall(WAF) 読本」を参照していただきたい。


カテゴリ  WAF |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「WAFで回避可能なこと WEV」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ